韓国語レッスンで韓国語が上達する授業とは?こんな授業をお願いしてみよう

スポンサーリンク

韓国語を1人で勉強していると、やっぱりレッスンを
受けようと思う人も多いでしょう。

そこで考えるのは、韓国語スクールだったりします。

でも、韓国語スクールでは上達しない場合もあるのです。
では、韓国語が上達する授業とはどんな授業なのでしょうか。

グループレッスンは上達がゆるやか

グループレッスンは、仲間と一緒に勉強できるので
楽しくできるでしょう。

しかし、韓国語の上達はゆるやかになります。

また、最悪な状態ですと韓国語は全く話せない、
ただ通っているだけ、ということにもなりかねます。

グループレッスンで授業を受けのは、初級レベルで
まだ会話ができないときであれば、良いでしょう。

上達するのは1対1のレッスン

スポンサーリンク

韓国語の授業だけではなく、個人塾や家庭教師という言葉が
あるように、先生と1対1で教えてもらうほうが効果はあります。

1対1の会話レッスンが一番上達するのですが、
ある程度、会話ができるようになると、
このフリートーキング授業も、ただ話すだけ、という会話の
授業では、実はあまり上達がしないのです。

フリートーキングだけで上達しない理由とは?

カフェレッスンやオンラインでの授業で、フリートーキングを
お願いする生徒さんは多いのですが、実はこのレッスンだけでは
あまり上達がしないのです。

会話がすでに成り立っているので、ある程度は会話もできる、
また分からない単語があったとしても、そのまま過ぎてしまうことが
多いからです。

上達するレッスンとは?

1対1のレッスンで、さらに上達するレッスンとは
自分が話す韓国語を修正してもらうことです。

先生に、きちんとお願いをしないと先生も通じてしまうため
そのまま過ごしてしまう場合が多いので、
間違えたときには指摘してもらうといいです。

指摘してもらうのは、間違った助詞の使い方や表現の仕方などです。

例えば、友達会う

친구 만나다 としてしまう日本人が多いのですが、

친구 만나다 のように ~를 になります。

バスに乗る、友達になりたい

など、日本語では「~に」となるものでも、韓国語では
「~에」にならないので、そのあたりを直してもらうといいでしょう。

あとは、韓国のニュースの記事などを1つ用意して
それを自分で音読し、先生に発音の修正をしてもらう、
などもいいです。

ただのフリートーキングで1時間終えるよりも、1つ1つ
何か新しい単語や発見がないと上達していかないので
必ず、レッスンを受けたあとには新しい発見をノートに書くようにしましょう。

スポンサーリンク