韓国語どうして「ん」の発音が3つあるの?ㄴ ㅇ ㅁの区別の仕方は?

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、日本人が必ずぶつかる壁があります。
それは、「ん」の発音です。

例えば、アニョハセヨ

では、ん が2つ使われていますが、

韓国語で書くと、

안녕하세요

と書き、 アでは、  ニョでは、  が使われています。

これらについて分かりやすくまとめてみました。

韓国語では、ん の発音は3つある

日本語の「ん」に当たるものは、韓国語では

ㄴ ㅇ  ㅁ の3つになります。

日本語では、「ん」と書きますが、韓国語では
全く別物で、発音も違います。

アルファベットで書くと、

① ㄴ ⇒ n
② ㅇ ⇒  ng
③ ㅁ ⇒  m

となります。

① にあたるもので言うなら

・サ

・み

などがそうです。

ん を発音するときに、舌が上の歯にくっつきます。

② でいうと、

・みか

・せっけ

などになります。

①と違って、舌はそのままで発音します。

③ の場合ですが、

・さ

・こばんは にあたる最初の「ん」

これらの「ん」は、口が閉じられたまま「ん」を発音します。

1つずつ発音してみると分かると思いますが、
日本語では、すべて「ん」として最初から覚えてしまっていますが
韓国語では、3つの発音を区別して覚えているため

すべて3つの発音を聞き取ることができます。

サン 산 と상 は発音も違うし言葉も違う

スポンサーリンク

例えば、日本語で書く「サン」ですが、

韓国語では、2つになりますね。

산  と 상

日本語では、どちらも、サン になりますが

韓国語では、

san と sang

です。

最初の、산 san は、舌を上の歯にくっつけて
サン と発音します。

상 sang は、舌はそのままで サンと発音します。

日本人には、どちらも同じに聞こえてしまうのですが
韓国人は、まるっきり違う発音に聞こえるため

発音するときには、意識して発音するようにしましょう。

こんばんは を韓国語で書くと?

こんばんは、を私が発音し、韓国人に書いてもらったところ

곰방와

となっていました。

やはり、こんばんは の1番目の「ん」は、口を閉じた

ㅁ  m と発音し

2番目の「ん」は、ㅇ  ng と発音しているんですね。

日本人も、自然と発音しているのですが、ひらがな文字がないため
すべて「ん」 で表現しているため、聞き取りができくなっているのです。

たくさん聞いて慣れること

この3つの「ん」を区別できるようになるのは、
たくさんの韓国語を聞いて慣れるしかありません。
まずは、自分で発音していくことから始めていきましょう。

私も、5年以上勉強しておりますが、この「ん」については
区別ができないことが多いです。

みなさん、がんばりましょう。

ファイティン!

スポンサーリンク