韓国語で「泣き虫」「食いしん坊」「嘘つき」「心配性」などは何ていう?

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、教科書に出てこないような言葉で
でも、何ていうのだろう?という言葉いうものがあります。

今日は、日本語で表現するものの中で、韓国語では何ていうのかを
まとめてみました。

カンタンな法則があるので、こちらも紹介します。

~가

日本語では、가を「家」と訳します。

애처가    공처가    애주가
愛妻家  恐妻家   愛酒家

こんな感じで、日本語でも~家 という言葉を使いますね。

~꾸러기

~꾸러기という言葉をよく聞いたことがあると思います。
~者 という意味で使います。

말썽꾸러기  やっかい者
욕심꾸러기  意地悪者
장난꾸러기  いたずら者

~꾼

これを専門として仕事をしているような意味になります。

일꾼 労働者 という意味もあれば、

ドラマなどで、

사기꾼 サギックン 詐欺師 というような言葉がよく聞かれます。

둥이

~坊 ~子 というような意味で使います。

바람둥이 浮気者
늦둥이  遅く生まれた子供
쌍둥이 双子

뱅이

~主 という意味で使われています。

주정뱅이 のんべぇ
가난뱅이  貧乏
게으름뱅이 怠け者

~보

スポンサーリンク

~好き という意味で使われています。

먹보  食いしん坊
울보   泣き虫
뚱보   デブ
느림보   のろま

~쟁이

~뱅이とは違って少し軽蔑して使う言葉

거짓말쟁이  嘘つき
겁쟁이   怖がり
수다쟁이   おしゃべり

~파

~屋という意味で使われます。

기분파   気分屋
노력파  努力屋

使い方の注意

ここで紹介したものは、一部になりますが、
同じ言葉を使うにしても、겁다 怖がるという単語の一部をとって

겁보 겁쟁이 の2つを見てみましょう。

겁보 怖がり
겁쟁이 臆病者

という感じで、ニュアンスが若干変わってきます。
使い方に注意する必要があるのですが、ここで覚えても
実際には、韓国語を聞いて覚えるしかないものばかりですので

たくさんのドラマや映画を見て、どのような場面で使われているのかを
知っていく必要があります。

作ってみよう

例えば、「お寝坊さん」と言いたいときは、何で言うといいのだろうか?
など考えてみてもいいかもしれません。

ここであげたものは一部になりますが
他にも、

~벌레 ~박사 ~대장

もあります。

~벌레 「虫」  공붓벌레
~박사 「博士」 척척박사
~대장  「大長」 싸움대장

上記を見てみると、だいたいどんな意味の言葉かお分かりになるかと思います。

韓国語はおもしろいですね。

スポンサーリンク


 - 韓国語