韓国語で2つの意味がある言葉とは?잘하다 は上手という意味とダメだという意味がある

スポンサーリンク

韓国語にも、違う意味を持つ言葉あります。
今日は、韓国語の2つの意味を持つ言葉について
まとめてみました。

日本語に例えるならば、

いいよ

という言葉があります。

一緒にご飯食べに行こうよ

と言われたときに、OK 良いよ

という意味になります。

もう1つは、

今は、いらないよ(いいよ~)

という意味があるということです。

韓国語では?

1.잘 하다

この「잘하다」の意味は、もともとは「上手だ」
という意味ですね。

しかし、使い方によっては良くない表現になります。

宿題を一生懸命にやった子供に向かってお母さんが

잘했어!

というときは、誉め言葉です。

よくやったね。

という意味になります。

反対に、宿題をやらなかった子供に向かってお母さんが

너 잘했어?

と言ったときには、誉めているのではありません。

なんでやらなかった?

という意味になります。

言い方のニュアンスでどちらの意味になるか
感じ取らなければなりませんが、喧嘩したとき、
相手が怒っているときなどは、良くないほうだ
と考えることができるでしょう。

2.끊었어요

スポンサーリンク

原型の「끊다」は絶つ、やめる、という意味です。
タバコをやめた、というときにも使われる表現です。

では、どんなときに2つの表現になるのでしょうか。

헬스장 끊었어요

と、なったときには前後の話を聞いて判断しなければ
なりません。

다이어트 하력고 헬스장 이번달부터 끊었어요
→ ダイエットしようと今月からスポーツジムに通い始めた

시간이 없어서 헬스장 (힘들어서) 끊었어요
→ 時間がなくてスポーツジムやめた

となります。

끊다には、はじめる、という意味と、やめるという
2つの意味があるということです。

3.어떻게 오셨어요?

よく聞く表現ですが、こちらも2つの意味があります。
通常ですと、オットケオショッソヨ?

となれば、どうやって来られましたか?

と聞かれているので、

歩いてきました。
地下鉄で来ました。

と答えることが一般的なのですが、
お店などで、聞かれた場合には

어떻게 (알고) 오셨어요?

どうやって、この店を知って来たのですか?

という意味が含まれているということです。
ですから、歩いてきました、という答えではなく

友達がこのお店を紹介してくれました、

というような答えを求めているということです。

最後に

日本語でも2つの意味があるように、韓国語でも
同じ言葉でも2つの意味があるので、使い方
前後の表現、雰囲気などで意味を察知しないと通じない
こともあります。

こちらについては、たくさん会話していく中で
学んでいくしかありませんが、会話をすることで
身についていくので、ぜひ、韓国語で会話をして
アウトプットをしてください。

スポンサーリンク