韓国人はなぜ大げさに物を言うの?自慢したがりで見栄っ張り!

   

スポンサーリンク

韓国人と話していて、なぜかオーバーに言うなぁ~と
思ったことはありませんか。

韓国男性、女性ともに、大げさに言うことがよくあります。
それは、どんなことなのかまとめてみました。

もらっている給料を多く言う

日本人であれば、給料をたくさんもらっていたとしても

そんなにもらってないよ

ということが普通ですよね。

そんなにもらってない、と聞いたところで、心の中では
きっといっぱいもらっているんだろうなぁ~と思うのが
日本人なのですが、

韓国人は、給料をたくさんもらっていなくても多めに言うのが
普通なのです。

例えば、27万の給料をもらっていたとすれば、
30万は、もらっている、という感覚でしょうか。

私はいっぱい稼いでいるよ。

という感じで話すのです。

ですから、韓国人が話す内容は少し大げさに言っているな、
くらいでとどめたほうがいいでしょう。

お金がなくて生活が大変なのにも関わらず、人におごったりして
大きく見せる韓国人ですから、
本当にお金がない場合は、お金がない、と言うでしょう。

自分は努力家だという

日本人でも、レベルの高い大学を卒業してる人は、自分のことを
努力家だといったり、自慢したりする人もいますが、そのような人は
日本人であれば、少し距離を置かれたりするものです。

頭の良い人ほど、自分が頭がいい、とは言わないものです。

しかし韓国では、

私はこんなに努力している。こんなに頑張っている。

ということをよく言います。

女性でも、男性でも会社の名刺などに「部長」「チーム長」
となっていれば、それをSNSにアップしたりもします。

自分のことをカッコいいと思っている男性が多い

スポンサーリンク

韓国人は、なぜか自分のことをカッコいいと思っている人が多いです。
話をしていると、冗談でも

こんなカッコいい人、他にいないよ

とか言ったり、

背が高ければ完璧なのに

などと言います。

全員ではないですが、このような男性が多いです。

自慢なのか、見栄っ張りなのか、すべてが当てはまるような気がするのですが
とにかく、自分のことをマイナスに言うことはほとんどありません。

競争心の強い国だから仕方ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク


 - 韓国文化