韓国語で「どうしたの?」왜그래と왜이래の違いは?オットケ어떻게と어떡해の違いは?

スポンサーリンク

韓国語で「どうしたの?」「どうなってるの?」について
簡単にまとめてみました。

韓国語で「どうしたの?」を何という?

韓国語で、どうしたの?は、

왜그래 ウェグレ

왜이래 ウェイレ

と聞くことが多いでしょう。

もともと、「」は、なぜ、どうして、何で
という時に使われます。

2つとも、どうしたの? という意味ですが、
少しだけニュアンスが違います。

왜그래 ウェグレ は、

왜+그래

なぜ+そうなの

그래 は、もともとの原形は、그렇다⇒そうだ

という意味なので、2つ合わせて

なぜそうなの? となるわけです。

もう1つの

왜+이래

なぜ+こうなの

ですが、이래のもともとの原形は、이렇다⇒このような状態だ

という意味になります。
ですので、2つ合わせて、

なぜこのような状態なのか?

という意味になります。

왜그래 ウェグレは、どうしてそうなの?
왜이래 ウェイレは、どうしてこんな状態なの?

直訳するとこんな感じです。

2つとも、「どうしたの?」という訳で使われていますが、

왜이래 ウェイレの、「どうしたの?」の意味には
そんな風になってどうしちゃったの・・・
この様はいったい何なの・・・

という意味が含まれているイメージです。

왜그래 ウェグレの「どうしたの?」の意味は
普通に使われる、「何かあった?」というニュアンスで
使われることが多いです。

韓国語で「どうなっちゃったの?」は何ていう?

スポンサーリンク

韓国語で「どうなっちゃったの?」は

어떻게 된거야?

オットケテンゴヤ

と聞いたことがある人は多いでしょう。

どうしてなったの?

が直訳ですが、どうなっちゃったの~というときに
よく使われています。

この 어떻게 オットケは、よく聞く単語の1つですが、
もともとは、어떻다+게 がついた形となります。

また、어떻다は、어떠하다の縮約形で

どういう風だ

と訳されます。

ですので、어떻게 オットケ は、そのままでも使われることが
多く、意味としては

どうして~?

何で~?

どうしよう~

という時にも使われます。

オットケ 어떻게と어떡해の違いは?

어떻게 オットケ~

こちらは、「どうしよう~」という時に使います。

어떻게 オットケ~

になるのですが、

어떡해 のオットケは、どうする? というときに使います。

例えば

風邪ひきそう~

と話したら

オモ、어떡해 オットケ(どうする?)

というような感じです。

同じオットケなのですが、ハングルで書くと違うので
どっちをさしているいるのか分からなくなってしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください