냐고 や더니の使い方は?「~のくせに」は주제에 は使わないほうがいい!

   

スポンサーリンク

本日も韓国語の勉強をしていきましょう。

韓国語を勉強していると、意味は分かるけど、どんな時に
使ったらいいか分からない、という人が多いのではないでしょうか。

今日は、냐고 や더니 ~のくせに についてまとめてみました。

~냐고 とは?

よく聞く「~냐고」ですが、日本語では

~ですって? ~なのか?

と相手に聞き返すときの言葉です。

私が韓国のお友達にいろいろ話かけるのですが、
韓国のお友達が聞き取れない場合やハッキリしない場合に

~って言ったの?

という意味で聞き返される場合に使うということです。

例えば、

何て言ったのですか?という韓国語には以下があります。

뭐라고 말했어요?

뭐라고 하셨어요?

뭐라고 이야기했어요?

これを簡単にして、

냐고요? 뭐냐고? (何だって? 何って言ったの?)

のような意味になります。

また、相手の言葉を理解したり確認した場合にも使います。

~더니 の使い方

スポンサーリンク

~더니の過去表現で、~덨니がありますが。
この過去表現の現在形が~더니 ではありません。

意味が全く異なりますので注意をしなければなりません。

~덨니 は、自分のことで、過去を表現する言葉です。

薬を飲んだら風邪が治りました。
약을 먹었더니 감기가 나아졌어요

こんな感じですが、~더니は、自分以外を表すときに使います。

(彼は)熱心に努力したので今はとても上手だ
열심히 노력하더니 이젠 매주 잘한다

昼間は雨が降っていたが、夕方には雪に変わった
낮엔 비가 오더니 저녁때에는 눈으로 변했다

その他にも、こんな使い方があります。

早く寝るって言ってたのに(どうして早く寝ないの?の意味)
빨리 잔다더니..

疲れたと言ってたのに(疲れたって言ってたのに何で遊んでいる?)
피곤하다고 하더니..

この文章だけを読んでも、なかなか理解するのは難しいので
たくさんの韓国語を聞いて耳で覚えましょう。

~のくせに 주제에 はNG

韓国語の教科書では、~のくせに という言い方に

~주제에 があります。

학생 주제에… 学生のくせに

のような感じですが、実際に韓国語では使わないほうが良さそうです。
頻度としては、日本語よりも重い感じなので、

使うときがあるとすれば、喧嘩したときなどです。
この言葉は、見下した意味があるので、聞いた人はとても気分を害する
言葉になります。

~○○って言ったくせに・・・みたいな感じで可愛い言い方をしたい場合なら
なおさら使わないほうがいいでしょう。

彼氏などに、「(今度から)電話いっぱいしてくれるって言っくせに・・」

みたいなことを伝えたい場合には、
전화 자주 해준다고 하면서

~하면서.. ~って言っておきながら・・

のような意味で使うほうがいいでしょう。

もし、전화 해준다고 말하는 주제에..なんて言ってしまったら
電話してくれるっていいやがったくせに

のように聞こえてしまう、ということです。

韓国語の教科書に載っている文法は、そのまま使わないことも
あるので、注意が必要です。

スポンサーリンク


 - 韓国語