韓国語の勉強で一番つまずく間接話法を徹底説明!初級と中級の違い

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、必ずつまずく箇所があります。

これは、日本人であれば同じところで疑問に思うので
やぱり私だけではないんだなというのを感じます。

ここでは、韓国語の間接話法についてまとめてみました。

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

間接話法とは、

「先生が教科書を開いてくださいといいました」

上記のような表現なのですが、韓国語には、この表現にも
初級と中級の話法があります。

初級の間接話法

1 유카씨가 ”과자 사주세요”라고 말했어요
(ゆかさんが”お菓子買ってください”言いました)

라고 말했어요で、~だと言いました
という訳になります。

”~してください”と言いました

のように、””ここには、~してくださいというような
韓国語を入れてばいいのです。

”공부해주세요” 라고 말했어요
”勉強してくだい” 言いました
”먹어보세요” 라고 말했어요
”食べてみてください” 言いました
という感じです。
簡単ですね。

中級の間接話法

スポンサーリンク

ゆかさんが、お菓子を買ってくださいと言いました。
これを中級レベルの間接話法にすると、

유카씨가 과자 사달라고 했어요

사달라고 買ってくださいと という意味になります。

では、もう1つ

2 엄마가 ”집에 와주세요” 라고 하셨어요 (初級)
(お母さんが”家に来てください” 言いました。)

上記は、初級の間接話法でしたね。
それを中級レベルに直すと、

엄마가 집에 오라고 하셨어요 (中級)
お母さんが家に来てとおっしゃいました。
3 의사 선생님이 뭐라고 했어요? (中級)
(先生(医者)が何と言いましたか?)
4 제가 ”공부합니다” 라고 말했어요 (初級)
(私が”勉強します”と言いました)

제가 공부한다고 했어요 (中級)勉強しますと言いました

中級から上級編

上級というレベルではないかもしれませんが、
さきほどの、中級水準の例文で

의사 선생님이 뭐라고 했어요? (中級)お医者さんが何と言いましたか

これを、上級水準で

의사 선생님이 뭐래요? お医者さんが何と言いましたか

上記のように直すことができます。

決して難しくはありません。
ドラマを見ていると、ほとんどがこの中級から上級水準の
間接話法を使っていることが多いです。

また幼い子供が読む童話などの絵本では、初級の間接話法が
使われていることが多いです。

楽しく韓国語を勉強していきましょう。

スポンサーリンク


 - 韓国語