韓国語で「そんなことないよ」は「그런거 아니에요」とは言わない!何ていうの?

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると韓国人のお友達と会話をすることが
多くありますよね。

そんなとき、

韓国人のお友達とお話していると、

韓国語上手だねぇ~

とか

可愛いねぇ~

とか

お世辞みたいなことを言われることがあるかもしれません。
(韓国人はあまりお世辞は言わないほうですが)

そんな時に、ついつい日本語のクセで

そんなことないよ~

というつもりで

그런거 아니에요~

と言っていたりしませんか?

そう、日本人がよく使ってしまう表現の1つなのですが
実は、この表現は使わないほうがいいんです。

今日は、この그런거 아니에요~の使い方についてまとめてみました。

韓国人に褒められたら何ていうの?

まず、韓国人から

「韓国語上手だねぇ~」と褒められたとしましょう。

そんなことないです

とか、

そんなことないよ~

と言いたい時は、

아직 멀었어요
まだまだです

を使うようにしましょう。

この아직 멀었어요 は定番です。
まだまだです、という意味なのですが、その中には
日本語の謙遜で使う「そんなことありません」という意味も含まれています。

그런거 아니에요~はどんな時に使うの?

그런거 아니에요~は、日本語の通りに

そんなことありません

という意味で使います。

否定的な意味になるため、日本語では謙遜している言葉に
なるのですが、韓国語では完全に「否定した」
という形になるため、使わないほうがいいのです。

自分のことを褒められたときに

そんなことないですよ、

と伝えるときには
この言葉は使わないほうがいいでしょう。

別の場面などで意見が違うときなどに使うことはあっても
自分を謙遜するときには使わない言葉になります。

褒められたら빈말이라도 고마워요 と言ってみよう。

スポンサーリンク

韓国人に、褒められたとき

빈말이라도 고마워요
ピンマリラド コマウォヨ

と言ってみましょう。

빈말 というのは、日本語で「お世辞」という
意味になります。

この言葉を言うと、ピンマルも知ってるの?
と返ってきます。

빈말도 알아요?

빈말도 할줄 알아요?

など、驚かれることでしょう。

韓国人からすると、オー!ピンマルも知っているとは
韓国語よく知っているね

と言われることが多いです。

ぜひ、使ってみてください。

褒められたときは、こう返事しよう

韓国人から、いろいろ褒められたときは

별말씀요
どういたしまして

とか

素直に

감사합니다

とか

기뻐요  嬉しいです

と伝えるといいでしょう。

決して否定しないようにしましょう。

韓国人は、あまり否定する人はいません。

もともとは自分は努力している、とか

自分はできる

という風に自慢する人が多いので、日本人のように
謙遜する人は少ないですから、日本人も少しだけ気持ちを大きく言ってみてもいいかもしれません。

日本人同士だと

何なの?

と思われるような内容でも、韓国人だと笑って話せることもあるので
けっこう楽しいですよ。

スポンサーリンク