韓国語で「バツイチ」って何ていう?ワーキングマザーやママ友って韓国語で?

   

スポンサーリンク

今日は、韓国語の辞書にはなく、日常に使われる言葉について
まとめてみました。

韓国語で「バツイチ」って何ていう?
ワーキングマザーやママ友って韓国語で?

を書いてみました。

韓国語で「バツイチ」って何ていう?

日本語では、「バツイチ」というと、結婚に1度失敗した人を言います。
2回目だと、「バツ2」とか言いますね。

韓国語では、バツイチ、バツ2という言葉はなく、

離婚した人を 「돌싱トルシン と言います。
意味は、 「돌아온 싱글 」 という意味で、その言葉を短縮して

日本語で、「돌싱」と言います。
戻ってきた(帰ってきた)シングル」という意味です。

日本語のように、バツ2、バツ3という言葉はなく、
そのまま、 「2번 이혼한 돌싱 」と言います。

日本語で直訳すると、「2回離婚したトルシン」という感じです。
この言葉を韓国人に使うと、

「おー。トルシンって言葉も知っているの?」

のようなことを言われます。
ぜひ、覚えてください。

韓国語で「ママ友」とは?

日本語では、子供がいるママたちが集まってランチをしたり
そういう風景を見ると、ママ友の集まり、などと言います。

韓国では、「ママ友」という言葉を直訳せず

학부모」 ハクプモ といいます。

학교 ⇒ 学校  부모⇒ 両親

という意味で、子供の学校の両親たちをさします。

「今日は、ハクプモたちとご飯を食べてきた」 などと言います。

ママ友たちの集まりを、韓国語では「학부모모임」ハクプモモイムと言います。
集まり」が「모임」です。

韓国語では、よく「모임」という言葉を使います。

会社以外の飲み会のような友達同士で集まるときも

「모임」と言います。

今日は、「모임이 있어서…」集まりがあって・・といいます。

ワーキングマザーは韓国語で何ていう?

スポンサーリンク

ワーキングマザーは、そのまま「워킹맘」です。
韓国語では、ワーキンマム と言います。

シングルマザーは、さきほどと同じく、「돌싱맘トルシンマムです。

単身赴任のお父さんを韓国語で?

おまけですが、単身赴任のお父さんを何というでしょうか。
韓国では、お父さんだけが仕事で1人暮らしをし、子供とお母さんに
お金を送る、という生活があります。

日本でいうと、単身赴任のような形と似ているのですが、
韓国では、単身赴任で会社から言われることではなく1人暮らしです。

このようなお父さんを、기러기아빠 といいます。
1人暮らしのお父さん、という意味なのですが、実際には
1人で仕事のために出てきて暮らしている、という意味です。

子供を海外留学させるにあたって、ママと子供は海外へ住み、
お父さんだけが韓国に残ってお金を送る、というようなパターンです。

いろいろな言い方がありますね。
ぜひ覚えてください。

スポンサーリンク


 - 韓国語