韓国語で「チョンマネヨ」は使わない!どういたしましては何て言う?

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強すると、教科書に必ず載っている

「チョンマネヨ」どういたしまして

この 「チョンマネヨ」は実際にはほとんど使われていません。

私も最初に韓国語を勉強して、韓国人に韓国語が上手ですね・・と言われて

チョンマネヨ と言ったら笑われてしまいました。

チョンマネヨってどういう意味?

では、そもそもチョンマネヨとはどういう意味なのでしょうか。

천만 で、直訳すると千萬という意味で、数多くの・・・
という意味なのです。

そこへ 천만의 말씀입니다

数多くのお言葉です‥と直訳せず、とんでもございません

という意味になっているのですね。

좋은아침 (良い朝)が、おはようございます。 というのと同じです。

천만에요 どういたしまして

と訳されていることは事実です。

韓国では、チョンマネヨは上から目線に聞こえる

スポンサーリンク

韓国では、チョンマネヨと言われると、
とんでもありません、気になさらないでください

というような意味になるのです。

日本では、普通に聞こえるかもしれませんが、
韓国では、上から目線で言われているような言葉に聞こえるのだとか。

これも文化の違いかもしれませんね。

ですので、どういたしまして、と言いたいときには
チョンマネヨというのは控えたほうが良さそうです。

実際に、どういたしましてって何ていうの?

褒められた時に使う言葉として代表的なものが

どういたしまして 별말씀을요
ビョルマルスムヨ

말씀 という丁寧な言葉を使って
「どういたしまして」という
意味で伝えるほうがいいでしょう。

韓国人が、あなたに対して「ありがとう」などお礼を言ったときの

「どういたしまして」

と伝えたい場合は、

괜찮아요 大丈夫です

아니에요  いいえ(どういたしまして)

별거 아니에요 たいしたことじゃないです

こんな感じになります。

素直に「ありがとうございます」でもOK

どういたしまして、と言いたいときには
素直に

カムサハムニダ 감사합니다

コマッスムニダ 고맙습니다

でも大丈夫です。

何かしてもらったとき、褒められたとき、
すべてに使えますので、どういたしまして、と言いたいときには

とりあえず、ありがとうございます、を韓国語で伝えておけば
大丈夫でしょう。

スポンサーリンク


 - 韓国語