韓国語の勉強で日本人が覚えにくい表現3つ다가 ~하던~했던~더니~했더니

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強していて、何だか使い方がよく分からないという
文法があるかと思います。

私も韓国語を勉強していて、つまずいていたのでよくわかります。
ここでは、日本人が覚えにくい表現3つをご紹介します。

다가 ~しかけて

例えば、

(あなたの電話を)待っていたが寝てしまった

というときは、

①가다렸는데 잠이 들었어요

よりも

②기다리다가 잠이 들었어요 がいいでしょう。

②を使えず、①を使ってしまう日本人が多くいます。
①ですと、待っていたのに寝てしまった

意味は通じますが、
다가 は、何かをしている途中で~してしまった

という時に使います。

~ㅆ다가  ~してから

〇 서울에 갔다가 부산에 간다
ソウルに行ってからプサンへ行く

✖ 서울에 가서 부산에 간다
ソウルに行ってプサンに行く

という表現は少しおかしくて、ソウルに行ってから何かをするときは
서울에 가서 になります。

下記のように

서울에 가서 비빔밥 먹다 ソウルに行ってビビンバを食べる

というときですね。
ソウルへ行った後の話をするときは、서울에 갔다가
ソウルで何かする時の話するときは、서울에 가서

~하던~했던の違い

スポンサーリンク

こちらも、私がどっちを使えばいいのか迷う文法でした。
どちらも、~した という意味です。

①공부하던 교과서 勉強した教科書
②공부했던 교과서 勉強した教科書
どちらも「勉強した教科書」 という意味になるのですが
ニュアンスが違います。

①は勉強していたが休憩してまた勉強するつもりの教科書意味

②は小学校や中学校に勉強していたもう使わない教科書の意味

古くなってもう使わないという意味と考えればいいですね。

~더니~했더니

~더니は、早い段階で教科書に出ているのですが、
日本人がなかなか使えない文法の1つです。

その前に~는데 を勉強してしまって、そちらを使うクセがあるからです。

例えば、

낮에는 비가 오더니 저녁때는 눈으로 변했다
昼は雨が降っていたが夕方には雪に変わった

열심히 노력하더니 이젠 잘한다
一生懸命に努力したので今は上手だ

낮에는 비가 왔는데 저녁때는 눈으로 변했다
열심히 노력했으니까 이젠 잘한다

このように表現したくなるのですが、~더니を使う表現を
頭に身に着けて使えるようにしていきましょう。

~했더니 は、~したら

主語が自分のことを言います。

내가 갔더니 모두 반져주었다
私が行ったらみんな喜んでくれた

약을 먹덨더니 감기가 나아졌다
薬を飲んだら風邪が良くなった

これを、

✖ 내가 가면 모두 반져주었다
✖ 약을 먹으면 감기가 나아졌다

と言ってしまう人が多いので気を付けましょう。

スポンサーリンク


 - 韓国語