2019年の韓国の梅雨の時期っていつから?夏の期間が短い?雨が降った日の観光スポットは?

スポンサーリンク

6月も下旬

日本では梅雨真っただ中です。

韓国の梅雨っていつから始まるの?

についてまとめてみました。

2019年韓国の梅雨の時期は?

日本の一般的な梅雨の時期といっても、地域によって違います。

沖縄が一番早くて、5月下旬から始まります。

関東地方では、6月10日前後に梅雨入りし、遅くても、
7月20日くらいには梅雨明けしています。

韓国も同じで、済州から梅雨入りします。

済州道で、6月下旬くらいから梅雨入りし、ソウル地方ですと
7月初旬くらいに梅雨入りすると言われています。

ソウルでも、遅くて7月末には梅雨明けと言われています。

関東地方と比べると、10日~2週間くらい遅い感じですね。

今年の2019年は、平年よりも遅く始まり、7月の始めに本格的に
始まるとニュースで言われています。

夏の期間が短いって本当?

韓国を話すとき、中心がソウルになってしまうので、
どうしても、韓国=ソウル というイメージになりがちです。

夏が短いのは、ソウルです。

釜山地方は、東京と同じ位置にあるので、暑い日が続きますし
気温も高いです。

日本でいうと、九州が少し南にあるので暑いイメージですが
それと同じで、韓国にとっては、釜山が暑いというイメージです。

また、ソウルは、日本の東北の位置にありますから
冬は寒いですし、夏も若干短です。

だからといって、8月が涼しいというわけではありません。
8月の真夏は、やはり35度になる日もあります。

違うのは、9月の初旬になってくると、昼間は暑いですが
夜は涼しくなってきます。

日本でも場所によりますが、東京ですと9月の初旬は
まだまだ夜も蒸し暑いですし、ここ数年は10月でも昼間は
半袖でもいられるくらいですので、夏が長く感じます。

雨が降ったときの観光スポットとは?

スポンサーリンク

せっかく韓国旅行なのに雨が降ってしまった・・
ということもあるかと思います。

雨でも行きたい場所に行く、という目的であれば外でも
良いですが、市場(シジャン)などは、雨だとイヤですよね。

室内でも遊べるスポット

韓国の映画館

韓国で映画なの?と思うかもしれませんが、
900円ほどで見られますし、日本の映画も公開している映画館も
ありますので、ぜひ韓国で映画を楽しむのもいいかもしれません。

チムヂルバン

温泉、サウナで有名な、チムヂルバン
日本人も多く行く場所の1つです。
お風呂が好きではない人でも、この機会に1度行ってみると
ハマってしまうかも。

マッサージ

韓国人が施術しているマッサージもあれば、
タイ人など、韓国語が話せない外国人が運営している
マッサージショップもあります。

日本より安く1時間3000円ほどで受けられる
マッサージショップもありますから、疲れた体を癒すのに
1度行ってみてはいかがでしょうか。

韓国じゃなくても行ける場所じゃないか。と思われがちですが
雨が降った日の室内場所は、ほとんどがそうなってしまいます。

それでも、せっかく韓国まで来たのですから
韓国で味わってみるのも良いのではないかと思っています。

スポンサーリンク