韓国には本屋がないって本当?インターネットの発達で本が売れない!日本と比較

スポンサーリンク

韓国といえば、インターネットの発達は世界で1位と言われています。
何をするのも、インターネットです。

買い物もインターネット。
お米や水もインターネットです。

下手すれば、彼女へのプレゼントもネットで購入する人も多いようです。

ということで、韓国では本屋さんがなくなっている、と感じております。
実際に聞いたところ、韓国人の方も本屋なんて最近、みたことがない
といっておりましたが本当なのか? を調べてみました。

本屋を検索してみました。

「ソウル、本屋」で検索すると、少しは出てくるものの
日本のように、紀伊国屋、有隣堂、文教堂など大きい本屋さんは
駅降りたらありますが、韓国ではほとんど見かけません。

たま~に本屋さんを見かけます。

また、シジャン(市場)へ行くと古本屋はたくさんありますが
新しい本を売っている本屋さんは、デパートなどショッピングモールの
中にあることはあっても、駅降りてから本屋さんというものは
ほとんどなかったです。

本がなくなった理由は?

スポンサーリンク

日本でもそうですが、本屋さんが少なくなった理由は、
携帯電話の発達です。

日本人より、韓国人はもっと本を読みません。

読むのですが、すべてスマホやパソコンで情報を仕入れます。
まず、資格試験を受ける、

ということになりましたら、インターネットで問題集をダウンロードする
他には、アプリで問題集をダウンロードして勉強する、が基本です。

お金がかかるアプリでも、問題集などを持ち歩くよりは
携帯電話で電車に乗りながら勉強をする、という感覚なのです。

ニュースや記事なども新聞よりもスマホのニュースを見る
ということが多くなってきているため、本がなくなってきています。

日本人との比較

日本人も、スマホを持つ人が多くなっているものの、まだまだ本屋さんでは
本が売れております。

電車に乗るとき、病院などの待ち時間では本を持っている方は多いです。
スマホの本を読む人も多くなっておりますが、やはり「本がいい」

という古い意見もあります。
実は、私も古い意見なので、スマホのアプリで読むより実際に本で読みたい
と思うものなのですが、資格取得の問題集などは持ち歩きができないので
スマホでダウンロードしておりました。

実際には売れないの?

実際に本を購入する韓国人は少なくなってきているようで、
本を買う人は、小さいお子さんのいるママだったり、学校で使う教科書、

が多いようです。
小説、エッセイ本、漫画本に関しては、アプリで読む若者が多くなっているため
本で買う人よりは、インターネットで見る、人が多くなっております。

韓国では、ネットで物を買うのが当たり前の感覚なので、
物を直接見て購入する、ということが少なくなっているのかもしれません。

スポンサーリンク