韓国のクリスマスのおすすめスポットとは?カップルで行きたいイルミネーション

      2016/09/10

スポンサーリンク

まだ早いですが、夏も終わると、クリスマスまでもうすぐ。
今年も、あっという間に終わってしまいますね。

韓国でクリスマスを過ごしたいという人に、おすすめのスポットを
まとめてみました。

P20151228_201501323_2384569E-AC03-4C78-8147-B4F406FCF4EA

南大門市場

場所:地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅

南大門市場にはクリスマスシーズンになると、様々な大きさのクリスマスツリーや
オーナメントなどを販売する商店が並びます。

ツリーや電球、オーナメントボール、雪の結晶の形のオーナメントなどはもちろん、
サンタクロースの人形やクリスマスの靴下、杖、サンタの帽子などのプレゼントや
パーティー用品などもあります。

ツリーなども安く売っているので、ぜひ行ってみてください。

ロッテ百貨店(本店)

場所:2号線乙支路入口駅下車

ロッテ百貨店本店では、壁にLEDライトが彩られ、内部は様々なインテリアで
演出され、クリスマスの雰囲気を感じられます。

ハイアットリージェンシー仁川

ハイアットリージェンシー仁川では、LED照明などを活用した大型クリスマスツリー
が1階のロビーに設置されるなど、ホテルの至る所でクリスマスの雰囲気が楽しめます。

新世界百貨店(本店)

場所:忠武路

本館の外壁のラインに沿ってゴールドのライト、大型ツリーが設置されます。

タイムズスクエア

スポンサーリンク

場所:地下鉄1号線永登浦駅

タイムズスクエアでは、野外広場に大型クリスマスツリーゾーンが設置されます。

ソウル広場

場所:地下鉄2号線市庁駅

ソウル広場では、スケートリンクもあり、2004年のオープン以来、毎年大好評を得ていて、
冬のソウルを代表する人気スポットとなっています。

明洞聖堂

ソウルを代表するショッピングエリアである明洞(ミョンドン)には、韓国の近代建築史に
おいて最大規模のゴシック建築物である明洞聖堂があります。
クリスマスシーズンになると、聖堂の周辺には感謝と祝福を伝えるイルミネーションが華やかに光り輝きます。

韓国のクリスマスとは?

韓国のクリスマスは、12月25日で祝日になっています。
日本では、25日は平日で、23日の天皇誕生日が祝日のため、
23日にクリスマスをやってしまう人も多くなっていますが
韓国では、25日に過ごします。

そして、年末から、翌年のお正月くらいまでイルミネーションが
そのままになっているようです。

私が昨年、韓国に行ったときは、12月30日だったのですが、年末なのに
クリスマスツリーやイルミネーションがあり、ビックリしました。

日本でのクリスマスもいいですが、25日ではなくても韓国では年末までは
クリスマスモードで楽しめますから、ぜひ機会があったら行ってみてください。

スポンサーリンク


 - ニュース