韓国冬の定番の黒のロングダウンジャケット韓国語でペディンっていうの?

スポンサーリンク

韓国の冬ってどのくらい寒いの?

寒い冬がやってきました。
寒いといっても、日本は、北海道から沖縄まで、冬でも気温が全く違います。

韓国の冬ってどのくらい寒いの?

って思う方もいるかと思いますが、日本と同様に地域によって違います。

とはいうものの、韓国は日本の1/4 ですから、ソウルから釜山までの
気温は、北海道と沖縄ほどの差はないのです。

位置でいうと、韓国の釜山が、東京と同じくらいの気温。
北の、ソウルは、東北あたりの気温、と考えていただければよいかと思います。

釜山では、雪がほとんど見られない、と言われており
ワンシーズンで1回、2回雪が降るくらい、という感じですので
東京と似た季節ですね。

ソウルですと、12月でもすでにマイナス9度、という気温ですから
外に出ると凍ってしまうくらいの寒さです。

出典 http://naver.com

定番の黒のロングダウンジャケットについて

冬に韓国に行くと、定番の黒のジャケットを着ている人を
たくさん見かけます。

実は、こちら、2017年から流行りだしました。
2017年で終わりかと思いきや、2018年、2019年と冬の定番に
なったようです。

どうして流行ったのか?

と考えてみると、答えは簡単。

暖かいからです。

韓国の冬は、それほど寒く、ロングジャケットは、足元まで暖かいので、
短いコートなんて着られなくなります。

定番の黒のロングダウンジャケット、名前は?

スポンサーリンク

日本語では、「ダウンジャケット」 と言いますが、
韓国語では、「ペディン」と呼ばれます。

韓国語では、「padding jacket」ですが、韓国語の発音で
ペディン となります。

調べてみると分かりますが、ペディンは、韓国のブランドで
あることが分かります。

長いペディンを、「ロンペディン」⇒ Long padding toiimasu .

2018年の平昌オリンピックでは、アイドルや芸能人が着用して
多くの人気を集めたとされています。

2019年~2020年も、「ロンペディン」を着ている韓国人は多いです。

日本では流行らない?

日本も同じく寒いのに、何で流行らないのでしょうか。

私なりの理由ですが

ダサイ

からです。

黒のロングダウンジャケット着ている人を見ると
ペンギンみたいに見えますし、ブーツを履いても見えない。

おしゃれに見えないんですよね。

韓国では、寒いのでおしゃれというより、寒さ対策で着ている人も多く
日本のように、おしゃれに寒さなんて…と言えないくらい韓国は
寒いですから、日本のように、冬なのに生足でミニスカートをはいている
女子高生も見かけないです。

韓国に比べると日本の冬は、まだ暖かいということなんでしょうね。

スポンサーリンク