コロナで会えない遠距離の日韓カップルが次々に終わりを迎えているって本当?

スポンサーリンク

2020年1月から新型コロナウィルスが流行し始めて
そろそろ1年が経とうとしています。

韓国と日本の渡航が制限されたのが3月。

これまで韓国と日本で遠距離恋愛をしていたカップルも
自由に韓国、日本を行き来ができなくなり長いこと
会えてないカップルが多いのではないでしょうか。

そんな中、ここ最近、終わりを告げているカップル
また、終わりにしようと思っているカップルが多いようです。

その理由についてまとめてみました。

遠距離の日韓カップルどのくらい会えてない?

韓国と日本で遠距離恋愛しているカップルでも
2020年2月に韓国に行ったのが最後・・・というカップルが
多い中、2019年11月、10月に韓国で会ったのが最後、

という1年以上会えてないカップルもいます。

さすがに1年以上会えてないのに連絡が続いていることも
すごいのですが、ここ最近11月、12月になって
別れを考えている、もしくは別れを告げたカップルが多いのです。

理由1:新型コロナウィルスが収束しそうにない

やはり、理由は新型コロナウィルスの流行が終わりそうにない
ことから、会える見通しがつかず、このまま連絡をしていても
何のために連絡をしているんだろう、と思ってしまったり
未来が見えない恋愛に疲れてしまう人が多いようです。

距離が離れていても、会えない時期が長すぎて、相手のことを
嫌いになったわけではないけれど、この恋愛を続ける意味が
分からなくなった、ということで別れを告げてしまうことが
あるようです。

理由2:会えない時間が長すぎて気持ちが冷めた
スポンサーリンク

会えない時間が長すぎて気持ちが冷めてしまったというもの。
決して、嫌いになったとかそういうのではないけれど
電話していても、盛り上がらないし・・・

といったものです。
もしくは、会えない時間が長すぎて他の人に目移りしてしまった
とか、近くにいる人が良くなったというのも含まれます。

とにかく会えない時間が長すぎた結果、別れることになってしまった。
これも、新型コロナウィルスが影響していますね。

理由3:冷静に考える時間ができて別れを決心した

会えない時間が長すぎたたため、関係を冷静に考える時間が
できたことで、相手との結婚が想像できない、とか未来が見えない
とか、いろいろ考えて、やはり一緒にいるべき相手ではないのだろう
と悟って別れを決心したケースです。

会えない時間が愛を育てるというのは、ある程度定期的に会っている
時の話であって、さすがに1年近く会えないと、これでも付き合っている
って言えるのだろうか?

とかいろいろ考えてしまいますよね。

コロナがなければ付き合っていた?

新型コロナウィルスが流行しなければ、定期的に韓国や日本に
行き来ができるので、おそらく付き合っていただろう、いうカップルが大半でした。
やはりコロナウィルスのせいで別れてしまった、ということが言えるかもしれません。

コロナが原因というのは、言い訳で早かれ遅かれ別れることになっていた
という意見もあるかもしれませんが、それは近距離で付き合っていた場合の
話であって、遠距離でしかも国外となると話は別です。

コロナウィルスで別れることになったカップルもいれば
オンラインを通じて、成立したカップルもいるはずです。

どちらにしてもコロナウィルスの期間は冷静に考えられる
良い期間だったと思って、前向きに過ごせるようになるといいですね。

スポンサーリンク