韓国の20代、30代の結婚したくない男女が急増?その理由とは?

スポンサーリンク

日本でも、結婚年齢が遅くなってきているだけでなく
生涯結婚しない人も増えてきています。

それでも、日本ではまだまだ結婚したい人も多く
「婚活」という言葉があるくらいですが、韓国では
結婚相談所のようなビジネスは、潰れやすいと有名だそうです。

そして、最近の20代、30代の韓国人は、結婚できないのではなく
「結婚したくない」という人が多いのだそうです。

その理由についてまとめてみました。

自分の時間がなくなる

大切な自分の「時間」が、結婚することによってなくなって
しまうという恐れがあるとのことです。

日本でも同じですね。

1人であれば好きなときにご飯を食べて、好きなときに
ビデオを見て・・ということができますが、
結婚していると、ビデオがなかなか見られない・・
という理由もわからなくありません。

女性は、家事の負担が増える

今は、専業主婦で生活していくことは難しく
韓国でも、マッポリブブ と言われていて、共働きが
当たり前になってきました。

共働きであるのに、家事はほとんどが女性の仕事になっていて
そのうえ、子供まで生まれたら、育児も自分・・・ということに
なることを考えると、結婚したい!と思えないのかもしれません。

男性は、責任が重くなる

スポンサーリンク

男性が結婚を決めるときに、この人を一生食わせていかなくては
いけないんだ、という責任を感じているものです。

しかし、自分がなかなか稼げない、貯金がない、お金がない
ことを考えると、その責任を持てない、と感じてしまい
結婚したくない!と感じてしまうのです。

今まで1人だったのが、2人になってしまうことで
自分に負担がかかる、と思うようになるのかもしれません。

バツ1の20代より、初婚の40代が人気のワケ

日本では、3組に1組が離婚していると言われています。

女性も、30代、40代になると、40代で初婚の男性よりも
バツイチの30代のほうが良いのかも?

と思われるようになります。
最近では、40代で初婚だと、今まで結婚できないのは
何か問題があるのでは?

とまで、思われるようになっています。

しかし、韓国では違うんです。

バツイチに対するイメージがまだまだ良くないので、
1人の人と守キリれなかった、結婚生活に失敗した、という
イメージです。

ですから、結婚相談所では、30代のバツイチより、40代、50代の初婚がいい!と
いう人が多いのです。

初婚に対して、綺麗な状態 というイメージあるようで
一昔前の日本の文化がまだ残っている感じですね。

最後に

時代は変わってきているので、結婚が幸せではない!
という日本になってきてはいますが、韓国ではまだまだ古い文化が
残っているので、適齢期になれば両親や親せきから

結婚しないの?

という言葉を聞くようになっていますが、それでも少しずつ
変化しています。

韓国は、日本よりも出生率が低いです。
高齢化社会は、日本と同じです。

結婚しない人が増えていけば、ますます若者が減るばかりです。

スポンサーリンク