日本人が韓国語の聞き取りができない理由とは?発音がうまくなる方法って?

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強している日本人のみなさん。
アンニョンハセヨ

韓国語を勉強していて聞き取りって難しいなぁ~と思う人は
多いでしょう。

例えば、「シンチョン」と言われたとき、どんな単語が浮かびますか?

신천   신촌   싱천   싱촌

はい、すべて正解です。

日本語では、上記の4つをすべて「シンチョン」と書きます。
聞き取りがうまくできない理由はこれが原因です。

同じに聞こえる 산(サン) と 상 (サン)

韓国人が、산(サン) と 상 (サン)の2つを言ったときに
最初から、聞き取りができる日本人はほとんどいないでしょう。

韓国語をたくさん勉強してたくさん聞いて、慣れてくれば
違いますが、このように ハングルでは 違う文字を使うものでも
日本語では、1つの「」を使ってしまうので

 の聞き分けができなくなっているのです。

こんばんは、を韓国語で書いてみよう

では、日本語の「こんばんは」を韓国語で書いてみましょう。
初心者の方でしたら、

공방와    공반와     겅반와     건반와

いろいろな韓国語が浮かぶかもしれません。

こんばんは の中に「ん」があるので ㄴ か ㅇ が使われると
思っている日本人が多いのです。

しかし、韓国人に聞くと、곰방와 と聞こえるそうです。

確かに・・・こんばんは、の 最初の こん は、口を閉じた
ん ㅁ の発音になっていますね。

韓国人のほうが、日本語よりも文字数が多いので、正確な発音を
聞き取ることができます。

発音がうまくなる方法とは?

スポンサーリンク

発音がうまくなる方法は、意識して話すことです。

오     어

上記も、日本語で書くと、2つとも「オ」ですが
最初の「オ」は、口を小さくした「オ」ですが
2つ目の「オ」は。口を開けたまま「オ」と発音しますね。

意識して、話すことが必要です。
ゆっくり話をしても良いので、意識して大げさに話すことが必要です。

산      상       쌍

달      딸     탈

上記の発音も、練習してみましょう。
韓国人のお友達に発音を聞いてもらって、聞き取ってもらえればOKです。

発音しにくい韓国語とは?

日本人が発音しにくい韓国語を例にあげてみましょう。

뚜껑

鍋などの フタ という意味ですが、日本語で表示すると

ットゥッコン

こんな感じになるかもしれません。

ットゥ のところでは、ㅜ  この文字なのでは口を小さくしたウを
使わなければなりませんし、2番目の 꺼 は、濃音なので、ッ が入り、
なおかつ、コ でも、口をあけたままの「オ」の母音になります。

私も、上手に発音することができない自信があります(笑)

発音は、意識して声に出すのが大切なので、頑張っていきましょう。

スポンサーリンク


 - 韓国語