韓国語の婚姻関係の言葉、セアガ、サブイン、オルケとは?

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、家族1つ1つに名前があることを
学びますが、それでもまだまだ足りなくて、ドラマを見ていて
この呼び方は何なんだ?と思うこともあるでしょう。

ここでは、教科書では勉強しない韓国語の婚姻関係の言葉を
まとめてみました。

前回の記事で
韓国語で結婚関係の言葉を覚えよう!ソバンニムって何?妻の親は何という?

にも書かせていただきましたが、これだけではなく、まだまだあったことに
気が付きました。

セアガとは?

ハルモニ(おばあちゃん)が男の孫の嫁、もしくはお母さんが息子の嫁に
使う言葉です。

サブインとは?

実の娘の義母(婿さんの母)に対して、または息子の嫁の母に対して
親同士が、サブイン、サブインと呼んでいます。

字幕では「奥様」と出てきますが、ただの奥様ではなく、
家族の一員になったという意味で使われます。

ですので、娘や息子が別れたりすると

「何が、サブインよ!」

というセリフが出てきます。

ほとんど聞かない、知らない婚姻関係の言葉

先日、韓国ドラマで初めて聞いた言葉などを調べてみました。

兄から見た
弟の妻 ジェスシ、ゲスシ
妹の夫 ○○ソバン、メブ

姉から見た
弟の妻 オルケ
妹の夫 ○○ソバン(ニム)

弟から見た
兄の妻 ヒョンスニム、アジュモニム
姉の夫 メヒョン

妹から見た
兄の妻 セオンニ
姉の夫 ヒョンブ

上記の中でも、「オルケ」「セオンニ」「ヒョンブ」は
よく聞きます。

呼び方を聞くだけで、どの位置にいるかすぐわかる

スポンサーリンク

日本語では、自分の実の母を「お母さん」
ご主人の母を「お義母さん」と漢字では書くものの
「おかあさん」と呼ぶのは一緒です。

友達に説明するときには、ただ「おかあさん」というと
分からないことが多いので「主人のほうのお義母さんが・・・」
と説明しますね。

韓国では、「オモニ」「シオモニ」という形で言葉も違います。

お兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶときでも
日本であれば、2つの言葉しかありませんが、韓国には

ヒョン、オッパ、オンニ、ヌナ と4つもあります。

男性同士で呼ぶのか、女性同士で呼ぶのかで言葉が違います。
ヒョンといえば、男性同士の呼び方。
オッパといえば、妹がお兄さんを呼ぶ言い方です。

どの呼び方で、どんな位置に値するのかすぐわかるというわけです。

韓国では、本当の兄弟じゃなくても、お兄さんと呼ぶ

韓国では、「友達」というのは同級生だけを呼ぶ言い方ですので
日本のように、年上の友達、という表現はありません。

韓国では、年上の友達を、いわゆる「ヒョンお兄ちゃん」を言ったり
「オンニ」と言ったりします。

ですので、お姉ちゃんがね・・・と韓国語で聞くときでも
本当のお姉ちゃんなのか、仲の良い年上の友達なのか迷うときがあります。

たくさんの種類の韓国語がありますが、覚えると楽しいです。
ぜひ頑張って覚えていきましょう。

スポンサーリンク


 - 韓国文化