韓国では助け合いの国なの?日本人にとってずうずうしいと思うこと

   

スポンサーリンク

韓国と日本では文化の違いが大きいのですが、中でも大きな
違いが1つあるとすれば、

韓国は、人と人とは助け合って生きていく国

日本は、他人に迷惑をかけないように教えられている国と言えます。

では、具体的にどんなことがあるか説明していきましょう。

会社の上司が引っ越しするというとき

例えば、会社の上司が週末に引っ越しをする、
というときは、日本であれば、各個人で、引越センターへ
依頼して自分たちで引っ越しします。

しかし、韓国では会社の部下や同僚たちに声をかけて
みんなに手伝ってもらいます。

せっかくの週末も上司の引っ越しの手伝いでつぶれてしまう
ということもあるのですが、これが韓国。

自分が困ったときも助けてもらう、という考えなので
普通に引っ越し作業を手伝うこともあります。

風邪ひいて辛いときに風邪薬買ってきてと電話する

信じられないかもしれませんが、自分が風邪で寝込んでいるとき、
友達に風邪薬を買ってきて、と電話できませんよね。

近くにいるならまだしも、車で5分くらいの距離でも
電話がかかってきて、薬を買いに行く場合もあります。

私が、信じられない・・・

というと、風邪ひいて辛いって言っているのに
可哀そうって思わないの?

という答え。

全くをもって、日本人である私が冷たい人、のようなイメージに
なってしまいました。

人付き合いが面倒くさい

スポンサーリンク

最大の難点はこれでしょう。
人付き合いは、日本ではある程度距離があるけれど、

韓国ではそうはいきません。

会社の上司のお母さまが入院したといえば、お金をもってお見舞いに行きます。
上司が入院するならわかりますが、お母さまですよ。

何も面識ないのに・・・という感じです。

入院するだけでも、お金をもってお見舞いに行かないと
冷たい人・・・という感じで見られてしまいます。

韓国人が良く言っている言葉の1つに

どこまで親戚なんだか・・・

と言っています。

そうですね。こんなんであったら、どこまでも親戚になってしまう
ような感じです。

お葬式は、面識なくても距離が遠くても行くことが多い

最後にお葬式なのですが、先日、韓国のお友達から電話があり
友達のお父様がお亡くなりになったので、明日は、ソウルから
釜山まで行かなくてはいけない、と言っていました。

いくら仲良い友達とはいえ、お父様とは1回もお会いしたことも
ないのに、参加するというのですから驚きです。

私が、北海道に住む友達のお父様のお葬式に出るようなもの。

しかも小さいときにお世話になったり、何度かお会いしてご飯を食べた
という仲でもないのに・・・

となると、やはり韓国と日本で文化の違いを感じてしまいました。

これは文化の違いではなく、私が冷たいだけなのでしょうか。

スポンサーリンク


 - 韓国文化