韓国語で「ごめんね」はミアネ?ミアンヘ? どっちが正しいの?

スポンサーリンク

韓国語を勉強している日本人は、1度は思ったことが
あると思いますが、パッチムがあると、読み方が変わりますよね。

例えば、韓国語で「ごめんね」を言うとき

미안해

ミアネ

と言いますが、 ミアンヘ とも言います。

日本語で書くと、「ミアネ」と「ミアンヘ」

まるっきり違うものになるのですが、韓国人からすると
同じ言葉なのです。

こちらについて、まとめてみました。

「ミアネ」と「ミアンヘ」が同じ理由

初めて、韓国語を勉強する人には、意味が分からないです。
私も、最初は不思議でした。

미안해 を読む場合、ミアまでは、同じでも、
その次に続く「ネ」と「ンヘ」

日本語では、1文字と2文字、しかも発音も違いますね。

では、どうして、「ミアネ」と「ミアンヘ」が同じなのか
を説明します。

미안해 ミアネ

読むときは、ミアネ と読みます。

しかし、1つずつ書くと、

미   안   해
ミ アン  へ

となります。

ですので、ミアネ でも、 ミアンヘ でも通じるだけでなく
韓国人からしたら、同じ言葉なのです。

私が、韓国人に、「ネ」と「ンヘ」が違うと一生懸命
説明しましたが、分かってもらえませんでした。

日本語での書き方だけが違うだけで、韓国人にとっては
同じものなのです。

日本語に例えると・・・

スポンサーリンク

日本語に例えると、こんな感じかもしれません。

「お姉さん」

と書くけれど、発音は、「おねいさん」「おねーさん」

とも聞こえるわけで、どっちの発音が正しいの?
と言われると、どれも「お姉さん」と同じに聞こえる。

という感じではないかと思います。

韓国人が、「おねいさん」「おねーさん」と発音し、
どっちが「お姉さん」なの?

と言われたら、どっちも通じる、といいますよね。

それと同じで、さきほどの、ミアネ でも、 ミアンヘ でも
通じるということになるのです。

通じない言葉もある

韓国語の発音では、通じない言葉もあります。

例えば 역  ヨク という言葉

①서울역 ソウル駅

②안국역 安国駅

①を、 ソウルヨク と言っても通じないんです。
実際の発音は、ソウルリョク です。

1文字ずつ ゆ~っくり

서   울   역
ソ  ウル  ヨク

と言えば通じます。

②の  アングッヨク も通じません。
実際の発音は、アングンニョク です。

この場合も、1文字ずつ、ゆっーくり 言えば通じます。

안  국  역
アン グッ ヨク

早く言うときには、音が変化しますので、気を付けましょう。

ファイティーン!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください