韓国での会社生活とは?管理職が帰らないと退社できない平社員

   

スポンサーリンク

会社で働くサラリーマンっていろいろ大変ですよね。
上司の言うことは従わないといけないし、面倒くさい忘年会や
歓迎会とか飲み会には参加しなければならないし。

とはいうものの、韓国のサラリーマンと比べると、日本はまだまだ
平和なのだなと思う私です。

ここでは韓国の会社生活についてまとめてみました。

韓国の会社生活その1

管理職が先に退社し、平社員は管理職が帰るまで帰れない

わぁ、何ということでしょう。
これを聞いて、私は絶対に韓国で働けないと思いました。

日本ならば、給料の多い管理職がわりと遅くまで残っていて
平社員は、課長や部長よりも早めに帰ることが多いのですが
韓国ではまったく逆です。

平社員である職員たちは、課長や部長たちに

奥様が待っていらっしゃいますよ、早くお帰りください

と言いながら、早く帰るように促すのだとか。

管理職になるほど仕事が楽になる

日本では、管理職というと、責任のある仕事、忙しい、などの
イメージですが、韓国では違うようです。

軍隊の世界から始まるので、いちばん下っ端が一番大変で
だんだん上にいくことに少しずつ楽になっていくという感じです。

実際に、私が韓国のお友達と話ししていたときに、管理職が先に帰るなんて
仕事が大変なのに・・・韓国のお友達に言ったところ

韓国の会社は管理職になるほど仕事が楽だよ。

と言っていました。

日本でいえば、中学生の運動部の活動のような感じでしょうか。
中学1年生は、早めに行って道具を出したり片づけたりしているのに
3年生は、時間ぎりぎりに行くか、もしくは早く行っても1年生が
道具を出しているのにもかかわらず、横で仲間と話しをしている
という感じに似ているのかもしれません。

誰しもが下っ端を経験するので、誰も文句は言わないのでしょう。

お昼休みもプライべートの時間がない

スポンサーリンク

日本では、会社でもお昼休みは割と自由です。
一緒に同僚と食べるのもいいですし、1人で食べたければ1人で
食べても誰も何も言いません。

しかし韓国では、必ずお昼も一緒に食べなければならないような
雰囲気があるようです。

もともと韓国では1人で食事をするという習慣がないですし
1人で食事をしている人を見ると、友達がいない寂しい人、と見るようです。

ですから、同じ会社の仲間とお昼をとることは当たり前なのです。

これも、私にとっては息が詰まりそうです。

飲み会は絶対参加 断ることができない

日本でも新入社員が入社すれば「歓迎会」「忘年会」があるように
韓国でも、「会食」という名の「회식」フェシクというものがあります。

会社がお金を出してくれて、社員にいつもお疲れ様の意味を込めて
するものだそうですが、これがまた会社によっては頻繁にあるようです。

日本でも、断れない風習ですが中には、断って参加しない社員も
みかけますよね。

でも、韓国では絶対に禁止です。
そんなことしたら、明日から会社で無視される勢いなんだとか。

とにかく、韓国で、会社員になると時間のほとんどを会社のために
使うことになりそうです。

いかがでしたか。
日本と韓国を比べると、やっぱり日本はまだまだ楽なのかな
と思ってしまうのは、私だけではないはずです。

スポンサーリンク


 - 韓国文化