韓国語の尊敬語「으시다」「~시다」の使い方は?尊敬語が慣れない場合どうすればいい?

   

スポンサーリンク

韓国語にも敬語とパンマル(タメ口)がありますが、
相手に対して尊敬を示す言葉があります。

友達とは、パンマルで話をしていても
自分のお父さんのお話をするときには尊敬語を使います。

それではどんな風に使っていくのか説明していきましょう。

動詞に「으시다」「~시다」をつける

例えば、「行く」という単語「가다」には

」をつけて「가다」 となります。

弟に向かって

お父さん、どこ行った? とパンマルで聞くときにも

아버지 어디로 갔어?

とは言わず、

아버지 어디로 가셨어

と言います。

最後に「가셨어요」と「요」があれば

どこに行ったんですか?

となりますが、この場合は、弟なのでパンマルで話しているため
「요」は抜いております。

このような形で、両親、会社の上司、目上の方のお話を
する場合には、尊敬語でお話します。

「으시다」「~시다」をつけるだけでは尊敬語にならない韓国語

スポンサーリンク

さきほど、動詞に「으시다」「~시다」を付ければよいと
お話しましたが、それだけではありません。

その他の尊敬語もたくさんありますので、一部紹介いたします。

만나다(会う) ⇒ 뵙다(お目にかかる)

자다 (寝る) ⇒ 주무시다(お休みになる)

아프다 (痛い) ⇒ 편찮다 (具合が悪い)

주다 (あげる)⇒ 드리다 (してさしあげる)

代表的なものをあげてみました。

明日会いましょう 

と言いたい場合でも、友達であれば

내일 봐 (明日、会おうね)

というところを目上の方であれば、

내일 뵙겠습니다 (明日、お目にかかります)

となります。

また、私が教えてあげるね という時でも

友達であれば

내가 가르쳐게 (私が教えてあげるね)

ですが、目上の方やお客様であれば

제가 가르쳐 드릴게요 (わたくしが教えて差し上げます

となります。

会社では、社外で話す時も名前を呼び捨てにしない

日本では、自分の会社の職員や上司でも

うちの会社の○○が・・・というように呼び捨てにします。

しかし、韓国では、お客様から電話があった場合でも

〇〇部長はただいま、外出しております。

と、外に話すときも敬称をつけてお話します。

韓国人は、自分の自己紹介をする時でさえも

「私は、〇〇会社のキム課長です」という方もいらっしゃいました。

尊敬語を使って慣れよう

教科書で勉強していると、どうしても尊敬語を使うことがなく
尊敬語が苦手な方が多いです。

韓国のお友達とお話するときは、パンマルでも大丈夫ですが、
自分の両親をお話するときなどは
できるだけ尊敬語で表現するようにしましょう。

부모님 건강이 어떠셔?

ご両親は健康はどう?

という感じで、パンマルで質問はしておりますが
両親の健康はどうでしょうか。という意味になります。

完全なパンマルであれば

부모님 건강이 어때?

という感じになります。

今日から、尊敬語で表現してみましょうね。

スポンサーリンク


 - 韓国語