韓国のコンビニってどうなの?品数が少なくて店員の態度が悪い?

   

スポンサーリンク

日本にも多いコンビニエンスストアですが、韓国にもコンビニがたくさんあります。

韓国のコンビニと日本のコンビニについてまとめてみました。

img_0511

韓国のコンビニの種類

韓国のコンビニには現在「GS25」「7ELEVEN」「CU」「MINISTOP」と
大手のチェーンが4つあります。

以前は、ファミリーマートもありましたが、名前が変わり「CU」になりました。

日本でも、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートがありますが
その他、サンクス、デイリーストア、サークスKなど考えると、日本のほうが
種類が多いかもしれません。

日本のコンビニが広い

韓国のコンビニは場所によりますが、基本的には小さいです。
食べるスペースがあるコンビニもありますが、基本は外にあります。
日本のミニストップのように中に食べるスペースがあるコンビニはほとんど
ないといってもいいでしょう。

食べるスペースがあっても外です。

日本ですと、駐車場があるコンビニもありますが、韓国では駐車場はありません。

お弁当の種類が少ない

菓子パンやお弁当の種類が多いのは、やっぱり日本のコンビニです。
韓国のコンビニにもお弁当がありますが、種類が少なく、売り切れていることも
多いです。

自分でお弁当を温める

日本では、店員さんがお弁当を温めますか?と温めてくれますが、韓国では
レンジが置いてあるので、自分で温めます。

また、袋をくださいと言わないと基本は袋には入れてくれないので、
「ポントゥエ タマジュセヨ」と言って入れてもらいましょう。

トイレの貸し出しはしていない

スポンサーリンク

日本ですと、トイレの貸し出しをしているコンビニがほとんどですが韓国のコンビニ
ではトイレを借りることができません。

どうしてもトイレに行きたくなって、コンビニの店員に聞いたのですが、トイレは
ないと言われました。

では、あなたはどこでトイレをするのですか?と聞いたら、ビルの横のトイレを
案内してくれました。

品数が少ない

お弁当の数も少ないのですが、お惣菜やサラダのようなものはほとんどありません。
必要なものを買うというスタンスですので、品数が少ないのです。

ですので、雑誌なども置いてありません。

店員の態度が悪い

韓国ではデパートですとしっかりと教育をされているのですが、コンビニの
アルバイト店員は、いらっしゃいませの言葉もありません。

お釣りを返すときも無言だったりと、愛想が悪いです。
お客様がいないときは、スマホを見ているということもありますから
日本からすると、ちょっと考えられない光景かもしれません。

薬が売られている

韓国のコンビニには、簡単な胃薬や頭痛薬などがおいてあります。
しかし、こちらは薬局で買う薬とは効果が薄いようで、本当に困ったときに
買うという感じのようです。

韓国人のお友達に聞いても、コンビニの薬は効かない、と言っていました。

おまけイベントがある

よく「2+1」など見かけるかもしれませんが、期間中に買ったら1つおまけ
というものがよくあります。

ヨーグルトやバナナジュースなど、そのときによって違いますが、このような
イベントが多いです。

いかがでしたか。参考になりましたでしょうか。

スポンサーリンク


 - 韓国文化