韓国で日本よりも価格が高いものとは?トイレットペーパーが1000円以上ってホント?

   

スポンサーリンク

韓国は日本よりも安い!
と思っている方も多いかと思います。

実際行ったことのある方は分かるかもしれませんが、
安いものは安いですが、それほど安い~というほどではなく
物価はほぼ変わらないと言っていいでしょう。

安いものの代表は、地下鉄、タクシーなどは安いですね。
1000円あれば、ソウル1日乗り回してもおつりが来ます。

タクシーも初乗りは、3300ウォン(330円ほど)ですから
日本に比べると半額くらい?というイメージです。

では日本より高いものとは何なのか?とまとめてみました。

タマゴ

日本では、6個や、10個入りで売っていることが多いのですが、
韓国では、10個入りはほとんどありません。

20個、30個から売っています。

写真を見てお分かりかと思いますが、Gマーケットでも
40個で21,900ウォン(約2,190円)です。

計算すると、1個 54.75円ですから、10個買ったら約550円
ということになります。

そう思うと高いですよね。

トイレットペーパー

スポンサーリンク

韓国の食堂に行くと、よくテーブルにトイレットペーパーが置いてあります。

日本では、何でトイレで使うものを?と思うのですが
韓国では、トイレットペーパー自体が高級品なのです。

Gマーケットでも、30ロール×3=90ロールで、
約27,900ウォン(約2,790円

ということは、1ロール93円ですから、
日本では、12ロールで売っていることが多いので、

日本で買うとすると1,116円になります。

これは高いですね。

日本では、どんなに高くても、12ロールで398円、498円もすれば
良いものが買えますし、安いドラッグストアですと
12ロール198円で買えるものもありますから、そう思うと
韓国では、トイレットペーパーはとても高級品です。

牛乳

実は、牛乳も高いのです。
日本では、安いスーパーですと、加工乳ではない
成分無調整の牛乳でも、1リットル 150円以内で売っていますが

韓国では、ネットで安く売られているGマーケットでも210円です。

ちなみにペットボトルの飲み物も高いです。
日本では、150円もすれば購入できますが、韓国では180円くらいします。

お菓子

実は、お菓子も高いです。
日本と同じくらいの値段以上でないと買えないと思ったほうがいいでしょう。

チョコパイなども、12個入りくらいで398円とかしますから
もっと安く売っているかと思った・・・というのが本音です。

ダイソーでもお菓子を売っています。
100円ではありませんが、スーパーよりは安く購入できるので、
お土産などにはお勧めです。

スポンサーリンク


 - ニュース