韓国の誕生日って日本と違う?誕生日が毎年変わるって本当なの?

      2018/08/08

スポンサーリンク

韓国のお友達に誕生日おめでとう!と連絡すると

「今日じゃないよ」

と言われたことがある人は多いかと思います。

今年は〇月〇日だよ!

とか言われたことがある人もいあるでしょう。

一体、韓国の誕生日って何なの? についてまとめてみました。

陰暦と陽暦とは?

こよみには、太陰暦、太陽暦と太陰太陽暦があります。
太陰暦は、月の満ち欠け(新月からの日数)で、日にちを決めます。
イスラム暦が典型的な太陰暦です。

1年が354日ほどなので、季節と日取りが年に11日ほどずれすので、
3年ほどで1ヶ月がずれます。

こちらの秋に元日が来たり、夏に元日が来たりします。

太陽暦は、現在のこよみが典型で、春分とか冬至とかを基準にします。
季節と日取りが基本的にずれないのです。

韓国では毎年誕生日が変わる

韓国では、陰暦で行事を行います。
ですから、お盆(8月15日)やお正月(1月1日)も、毎年違うわけです。

2018年のお盆は、韓国では

9月24日

になりますから、その前後がお休みになります。
この時期が、お盆だー というムードになるわけです。

ですので、誕生日も同じく

8月1日に生まれた人であれば、 2018年の誕生日は、

9月10日 になるわけです。

8月1日にお誕生日おめでとう~♪の連絡をしても
今日じゃないよ

と言われてしまうのは、このためです。

住民登録証の誕生日とは?

スポンサーリンク

韓国人は、必ず「住民登録証」というものを持っております。

番号は、こんな感じで、6桁と7桁になっております。

850801-1095617

最初の85は、1985年生まれ、8月1日という意味です。

続いて、10は男性 20は女性です。

その次の2桁で、地方を表しています。

ですので、最初の6桁で生年月日が分かってしまいます。
また、この誕生日ですべてを登録するのですが、
日本のように実際の出生日で登録している韓国人は少ないです。

実際に、生まれた日が8月1日だとすると、
今年の誕生日は9月10日なので、誕生日を9月10日で
登録する、という場合です。

免許証などの誕生日もすべて、9月10日になってしまうわけです。

韓国人に誕生日を聞いてみてください。
割と多い確率で、実際に生まれたのは、もっと早かった・・とか
もっと後だった・・・とかいう人がけっこうな数でいます。

もう少し年齢の高い40代、50代の韓国人ですと
1976年生まれ、となっているのに、実際は、1973年に生まれていた
なんていうこともあります。

以前に勤めていた会社に韓国の部署があり、韓国人がいたので
聞いてみたことがあるのですが、6人中、2人も実際に生まれた日と
住民登録証の誕生日が違うんだ、と言っていた人がいました。

話のネタとして、韓国人とぜひ1度は、生年月日の話で盛り上がってみてください。

スポンサーリンク


 - 韓国文化