日韓夫婦の離婚率の高い理由とは?1位は韓国人男性と日本人女性

   

スポンサーリンク

もともと、日本人の国際結婚は7割が離婚すると言われていますが
実際には、日本人同士でも3組に1組は離婚するのですから、
国際結婚だから離婚する、ということもないようです。

日韓カップルで多いのは、日本人男性と韓国人女性なのですが
この場合の離婚率より、韓国人男性と日本人女性の離婚率が高いと
言われています。

その理由とまとめてみました。

日本人男性と韓国人女性がうまくいく理由

日本人男性と韓国人女性が結婚した場合、多くは日本で生活を
する場合が多いです。

男性が仕事を日本でするため、女性のほうが日本に住むという
ことになるでしょう。

韓国人の女性のほうは最初は日本に住むのに慣れるまで大変
かもしれませんが、優しい日本人のご主人と一緒に日本でずっと
生活することを決めていることが多いのです。

また、韓国のように面倒くさいお盆やお正月に料理を作ったり
ということもありませんし、姑とのバトルも韓国に比べると
少ないため、このカップルはうまくいくことが多いと言われています。

韓国人男性と日本人女性がうまくいかない理由とは?

スポンサーリンク

うまくいかない、離婚率が高い場合は、韓国で生活している
ことが多いでしょう。

韓国は、結婚すると夫婦で家庭を築くというよりは、相手の家族の
一員になるという感じですので、家族の仲間入りになり、嫁は一番
下の立場になります。

お盆やお正月には、親戚中みんな集まるのですが、そのときの料理も
全部、お嫁さんが用意しなければなりません。

姑さんからは、キムチのつけ方などを教わります。
また、韓国人の男性は、お母さんを大切にする文化です。

日本でいえば、「マザコン」のようなことも、韓国では普通です。

「お母さんの言うことは絶対」である韓国では、お嫁さんが
お義母さんにいろいろ言われていても、韓国人の夫は、味方になって
くれることはありません。

むしろそれが普通なのですが、日本人女性からすると、マザコンと
なってしまうのでしょう。

うまくいくためには?

韓国人の男性と日本人の女性がうまくいくためには、
やはり日本で生活するのが良いとされています。

韓国人男性が、日本に留学して日本で就職している場合などです。
日本語ができれば、日本で生活することもできますし、日本で収入を
得ることもできますから、この場合はうまくいくことが多いです。

お盆やお正月には、顔を見せるために帰ることも必要ですが、
韓国に住んでいると、料理を準備しなければならない立場でも
日本に住んでいれば、そこまではしないでしょう。

日本でもそうですが、お義母さんとは、ある程度の距離感をもって
接するとうまくいきます。

最後に

文化の違いもありますが、やはり住む場所で変わってきますから、
韓国人の女性、男性に限らず、やはり日本を生活の拠点にするほうが
うまいくのではないかと思っているのですが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク


 - 韓国文化