韓国のアパートと日本のアパートは違うの?韓国の不動産事情とは?

   

スポンサーリンク

韓国人のお友達に、マンションに住んでいる、と話をしたら
アパートじゃないんだ?

と言われたので、よくよく調べたら、韓国でのアパートと
日本のアパートは違うことが分かりました。

今日は、韓国の不動産事情についてまとめてみました。

韓国で部屋について

日本では、一戸建て、マンション、アパート

とだいたい3種類に分かれます。

韓国では、

一戸建て、アパート、マンション、オフィステル、コシウォン、

といろいろ種類があります。

韓国のアパートとは?

韓国のアパートは日本のアパートと違い、
日本で言うと、高層マンション の意味です。

韓国人がアパートに住んでいる、と言ったときは
高層マンションという意味なので、とても良い意味で使います。

とにかく日本にはないような高い建物で、たくさんの
部屋が集まっているものを韓国ではアパートといい、
生活レベルが高い人たち・・・というイメージです。

韓国のマンションとは?

日本アパートのように2階建て、のような建物を
韓国では、マンションと呼びます。

日本でいうと、団地のような建物、もしくは5階建てくらいまではマンションというようです。

アパートとマンションの違いが、日本と韓国では逆です。

オフィステルとは?

韓国にはオフィステルというものがあり、ワンルームで
家具がついている建物です。

日本でいうと、ウィークリーマンションやマンスリーのような
近い形を言いますが、契約は1年ごとです。

スポンサーリンク

コシウォンとは?

ワンルームよりも狭く、ベッドと机だけがある小さな部屋です。
留学生が借りている場合が多く、家賃も安いです。

コシウォンですが、留学生がよく借りる部屋で
小さくベッドだけがあるというものです。

家賃も安いので、学生がよく借りる部屋として有名です。

ウォルセとチョンセって?借りる時の種類

ハングル講座やドラマ、聞いたことがあるかもしれませんが、
韓国で、不動産を借りるときには、ウォルセとチョンセという2種類があります。

ウォルセとは?

ウォルセは、월세 と書きます。월は、月ですから、月極という意味です。
日本と同じ毎月家賃を払う方法です。

日本と違うところは、敷金がなく変わりに保証金を払います。
この保証金の金額によって、家賃が変更になります。

50万円の保証金だと、家賃は7万だが
100万の保証金をあずけておくと、家賃は4万にするよ。
というようなものです。

保証金はあとで戻ってきますが、家賃を払わず夜逃げなど
したときは、この保証金を家賃にあてるものです。

チョンセとは?

チョンセは、전세と書きます。
전とは、「前」という意味なので、前に家賃を払う

という意味です。

チョンセで家賃を払うというよりは、500万、800万などを
2年間預けておき、その間は無料で住める、というものです。

大家さんは、この500万、800万を銀行に預けて
その金利で家賃収入を得るというわけです。

金利が高い国ではないと、このシステムは成り立たないので
日本ではまず無理ですね。

スポンサーリンク


 - 韓国文化