アジュンマ、アジョッシと呼んだら失礼なの?親しみを込めた呼び方とは?

スポンサーリンク

韓国語についての記事になります。

今日は、「おじさん」「おばさん」についてです。

韓国語では、「おじさん」を「アジョッシ」

「おばさん」を「アジュンマ」と言いますね。

日本でも、若い女の子が「ちょっと、おじさん!」と
言いたくなるときもあるでしょう。

ドラマでも、「アジュンマ」「アジョッシ」と気軽に
呼んでいるシーンをよく見るので、つい韓国に行っても

「アジュンマ」「アジョッシ」と言いたくなるのですが、
そう呼んではいけないというわけではなく、呼ぶ前に
気を付けたほうがいいですよ、ということをお伝えしますね。

「アジョッシ」「アジュンマ」はいきなり呼ぶのは失礼です

日本でも、いきなり知らない人から

「おばさん!」って言われたら気分良くありませんよね。
韓国でも同じです。

小さい子供が迷子になって
「アジュンマァ~」と泣きながら言うのとは違って

いきなり「アジュンマ」と言われると

「何? アジュンマ?」と思われてしまいます。

道端で聞きたいことがあったときなどは、
「アジュンマ」「アジョッシ」とは言わずに

「チョギヨ~」というようにしましょう。

お店などで仲良くなった「おじさん」「おばさん」には?

スポンサーリンク

例えば、しょっちゅう行くお店の「おじさん」「おばさん」
などには、アジョッシ、アジュンマって呼んでいいの?

と思うかもしれません。

ここでは、アジョッシ、アジュンマではなく

「サムチョン」
⇒ 自分の両親の兄弟を呼ぶ「叔父さん」の意味

でサムチョン と呼ぶと良いでしょう。

親しみがある「叔父さん」という意味になります。
アジョッシより気分が良いです。

また、女性には

「イモニム」「イモ」
⇒ 自分の母親の女姉妹を指す言葉です。

こちらも、「叔母さん」という意味になるので
「アジュンマ」よりも気分が良いです。

韓国では、結婚したら「アジュンマ」

日本では、見た目年齢で、「おばさん」と決めつけてしまうことが
多いですよね。

しかし、韓国では結婚して子供がいたら、20代でも「アジュンマ」
になります。

20代で子供がいる女性が、韓国で「アジュンマ」と言われて
オバサンに見えたのか?とショックを受けている方がいましたが
韓国では、10代、20代関係なく、子供がいてお母さんにいなっていると
「アジュンマ」と呼ばれることがありますので、ショックを受けないでくださいね。

それでは、アンニョン~♪

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください