韓国の結婚事情と結婚式とは?ご祝儀は3000円で誰でも参加できる!

   

スポンサーリンク

日本と韓国、似ているようですが文化の違いを
感じることもしばしば。

ここでは、韓国の結婚事情や結婚式について
まとめてみました。

c772fd9daba1b0301dac5bec47ec118f_s

韓国の結婚式事情

日本では、基本的には結婚式と披露宴を行い、
招待を受けた人だけが披露宴に参加できます。

そして、ご祝儀も友人であれば2万~3万包み、
親戚や夫婦で参加であれば、5万、7万、10万円と
包むことも多いでしょう。

韓国では、結婚式は気軽に参加できます。
ご祝儀も、3000円程度だけ持っていくという感じで
結婚式をします、というと「では夫も連れていきます」

という感じで、大勢で参加してもかまわないのです。

ご祝儀も0円で参加する人もいますし、結婚式だから
おいしいものを食べに行こうという感覚で参加する人もいます。

突然参加もOKですし、大勢の人にお祝いしてもらう、
と考えていただければいいでしょう。

家具や女性、家は男性が準備をする

スポンサーリンク

韓国では、家具は女性で、家を男性が準備するという
風習にあります。

男性側の両親が家を準備してあげる、ということが
多いでしょう。

息子を持つと大変という声を時々聞きますが、この理由
からです。

また、長男の場合は同居するということもあります。
昭和の日本のような風習がまだ残っています。

新部側が新郎両親に送る贈り物で、礼緞(イェダン)という
ものがあります。

この贈り物を間違ってしまうと、お義母さんに嫌われてしまうので
新郎と話し合って送ることが多いです。

費用はどのくらい?

日本では、300万~400万と言われる結婚式費用ですが、
韓国で行う結婚式自体の費用は、

おおまかな費用になります。

式場の食事・・100名 合計350万ウォン
契約金・・50万ウォン
ウェディングパッケージ・・150万ウォン
(式の写真撮影、アルバム、ドレス・タキシードレンタル料、新郎新婦のメイクアップ)
介添料・・15万ウォン
メイクアップ・・10万ウォン
聖職者への謝礼・・30万ウォン
招待状の印刷代・・60万ウォン
式次第の印刷代・・40万ウォン

上記でだいたい、100万ほどあればまかなえるようです。
あくまでも平均的です。

もちろん韓国でも高級ホテルで式を挙げれば、400万円ほどかかります。
他、国立中央図書館や国会議事堂内、など、色々な式場があります。

韓国では、派手に結婚式をしたいという見栄をはる人も
多いので、借金をしてまで結婚式をする人もいるようですので、
経済事情を考えた結婚式をしたいですね。

スポンサーリンク


 - 韓国文化