韓国語能力試験TOPIKの作文の勉強方法とは?どうやって書けばいい?

   

スポンサーリンク

こちらを見ている方は、おそらく韓国語能力試験の受験を
考えている方だと思われます。

韓国語能力試験には、語彙などの筆記とヒアリングの他に作文が
あります。

語彙やヒアリングは過去問題を解けばいいのですが、作文については
過去問題に題名(タイトル)と作文の例文はあるけれど、実際に
自分が書いた作文を添削してもらえるというものはありません。

作文はどのように勉強したらいいの?

ここでは、作文の勉強方法についてまとめてみました。

作文を書く練習方法

初級と中級では、実際に書く文字数が違いますが、まず原稿用紙を
用意します。

過去問題などについていると思いますので、何枚かコピーして
用意しておきます。

実際の時間配分の通りに作文を書いていきます。

注意することは、いきなり作文用紙に書き始めてはいけません。
最初は、メモなどに書くことをまとめます。

メモに書くのは、下記の4項目

①自分の答え

②そう思う理由2つ

③そうではない反対の理由も1つ

④結果、自分はこう思う

全部書かなくても、何となくこの件ではこんなことを
書いてみようという、簡単なものでいいです。

韓国語で書けるならざっと韓国語で書きます。

例えば、「大学進学についてどう思うか」などのタイトルが
出題されたとしましょう。

いきなり作文用紙に書き始めるのではなく、大学進学について
どう思うのかの答えを決めます。

はい。 いいえ。

進学について「はい」の意見で「そう思う」のであれば、そう思う旨を書き、
その理由を2つ、述べていきます。

また、進学についての「いいえ」の意見も1つ書きます。
そして、結果的には、自分は「はい」 の意見だということを書いていきます。

これで、起承転結になります。

内容としてはこんな感じです。

これを韓国語で、書いていきます。

難しい文法よりも簡単な文法で正確に

スポンサーリンク

中級、高級レベルをねらう人は、わざと中級レベルの文法を使って
書こうとする場合が多いですが、完璧な文法であれば問題ないのですが

自信がない場合は、簡単な文法でも正確に書けるようにしたほうがいいでしょう。

時間配分は?

最初の15分くらいで、上記の4項目を思い浮かべて
メモに、ざっと書けるようにしましょう。

そして、全部で何文字くらいになるかを計算します。

残りの35分くらいで、作文を書いていきます。
最後の、10分で見直し、付け加えなどをしていきます。

実際の作文の添削は?

初級、中級、高級にしろ、作文の勉強方法は実際に書いた作文を添削
してもらわなければ意味がないと思っています。

この作文は、実際に韓国人に見てもらうしかありません。

こちらについては、以前の記事「韓国語能力試験の作文添削方法」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク


 - 韓国語