覚えておきたい韓国語!重く感じる日本語でも韓国語だと軽く使っている言葉とは?

   

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、日本語と文法が似ているので
最初のころは、韓国語を話すときに日本語を考えて
そのまま韓国語にしていまうことがあるかと思います。

しかし

実は、ニュアンスでは通じていても、きちんとした正しい
韓国語ではないことが多いので、自然な韓国語を使いたい!

ということであれば、覚えておきたい韓国語を紹介します。

間違えやすい 文法編

好き リンゴが好きです

〇 사과 좋아해요

✖ 사과 좋아해요
バス乗る

〇 버스 타다

✖ 버스 타다

からまで

時間の場合

〇 4시부터 6시까지

〇 하교에서 까지  学校から家まで
✖ 학교부터까지

会う

〇 친구 만나다
✖  친구 만나다

覚えて使いたい韓国語

韓国語では、漢字語をよく使います。
日本語にするとちょっとニュアンスがおかしいのですが
韓国語では、このように漢字語を使うことが多いです。

<例>

この日本語訳してください

△ 이 일본어 역해줘세요
〇 이 일본어 좀 해석해주새요

これ、ちょっと訳してくれる?
というときも、해석 解析してくれる?

という意味になります。

危ない
위험

위험は、漢字語で「危険」です。
ですので、危ないを、「危険だ」と言っています。
今、電話できる?

지금 전화할수 있어요? もよく使いますが、

〇 지금 통화 가능해요?
直訳すると、 今、通話可能ですか?

日本では、電話する という言葉を使いますが
韓国では、通話する 통화 という言葉をよく使います。

また、~できる? というときも、
가능 という「可能」という言葉を使うことが多いです。

いつ会える?

언제 만날수 있어요?
언제 만나요?

も通じるのですが、ほとんどの場合は

언제 봐요?
いつ見る?

という言葉を使います。

重く感じる日本語でも、韓国語はそうでもない

スポンサーリンク

韓国語を勉強したばかりのころ、そのまま日本語に
訳していたため、韓国語を理解できずに、
どうしてそんなことを言うんだろうと思ったこともありました。

実は、日本語では重く感じる言葉でも、韓国語では
軽く使っている言葉もあります。

負担

日本語で「負担」と聞くと、何か重い感じですよね。

보담이 되다 (負担になる)

이 시간에 약속하는게 좀 부담이 되는데..
その時間に約束するのはちょっと負担なんだけど

なんて言われたら、
負担になるなら、じゃ、会うのやめようか?
なんてなってしまうわけです。

しかし、韓国ではこの「負担」という言葉を
軽く使っているので、ちょっと都合が悪いとか
その時間は、ちょっと・・・なんていう場合にも
使うので、日本人が思っているほど「負担」ではない場合が多いです。

노력하다

努力する

こちらも、よく聞くのですが
努力する、 ということは、一生懸命頑張るよっていう意味に
聞こえてしまう日本人です。

例えば、恋人同士でも、彼がなかなか連絡くれなくて
もっと連絡がほしい、と伝えたときなど

앞으로는 연락하도록 노력할게요
これからは、連絡するように努力するよ

なんて使われるのですが、努力しなくちゃできないこと
なのかよーと思ってしまう日本人です。

しかし、韓国人は、これから連絡するようにするからね
という意味なのです。

言葉の違いって、なかなか難しいですね。

頑張るよ。

という意味と考えればいいかもしれません。

スポンサーリンク


 - 韓国語