韓国語の発音は難しい?何度聞いても同じに聞こえるサン 산と상

      2016/08/10

スポンサーリンク

韓国語を勉強している日本人なら必ずぶつかる問題の
中に発音があります。

日本人なら、誰でも通る道。
」についてまとめてみました。

日本語では、「」と書きますが、この「」にも
3つの発音があります。

韓国人は、この3つの「」を聞き分けて
ハングルにすることができます。

日本人は、「」は、すべてこの1つの文字で
あらわしているため、3つの「」を聞き分けることができないのです。

804dfe2c7300069c671b58a16f28d081_s

韓国語で聞き取りが難しい산と상

こちらは、日本語で書くと2つとも「サン」 になります。

日本語には「ん」の文字1つしかないので、仕方ありません。

それでは、3つの「ん」を説明します。

1 みな サタ  を口に出してみてください。

舌が少し上にくっつくような発音です。
韓国語でいえば、  にあたります。
2 サマ  こばんは ハマー を口に出してみてください。

口を閉じる 「ん」 の発音
口を閉じた「ム」にも近いかもしれません。

韓国語でいえば韓国の数字の 

 

3 せっけ みか

口が開いた感じの 「ん」です。
韓国語でいえば 

以上の3つになりますが、ご理解いただけましたでしょうか。

日本語の文字としては、「ん」 でしか表現しないので
すべての3つの「ん」 も同じに聞こえてしまうんですね。

この聞き取り、本当に難しいのです。

日本語で例えるなら、

「ゼ」 と 「ジェ」 みたいな感じだそうです。

韓国人は、この2つが同じに聞こえると言っていました。

「ん」を意識して発音しましょう

韓国語の発音では、この「ん」を意識して発音する
だけで、きちんと聞き取ってもらえます。

例えば、「」とカンを発音するときは、歯で舌を
挟んで「ン」を発音する努力をしてみましょう。

」この場合の、カンは、口をそのままあけてカンと発音します。

「감」この場合のカンは、口を閉じたままカンと発音します。

練習が一番

スポンサーリンク

何度か、練習していくと、自然と言えるようになりますが
やはり、この3つの聞き分けをするのは、かなり難しく
5年以上韓国語を勉強している私でも、まだまだ聞き分けができません。

こちらは、時間がかかると思っています。
練習、聞き取りが一番です。

難しい発音 「カンナム」

ソウルの中心に「カンナム」という街があります。
4年前にも、カンナムスタイルという歌も流行りました。

このカンナムの発音ですが、

「カンナム」と日本語で発音すると、どうしても
この「カン」が舌を歯ではさんだ「간」になりつつ
あるのですが、実際には、「강남」と書きますので、

カンナムの「カン」は口をあけたままカンといい
次のナムを言うようにしましょう。

以上、韓国語発音講座でした。

スポンサーリンク


 - 韓国語