フェイス3分セルフマッサージで整形手術なしで小顔になる方法とは?

   

スポンサーリンク

整形なしで小顔作り」「작은 얼굴 만들기」

韓国で2013年に発売された本

スッピンがキレイになる一日3分セルフマッサージ
『整形手術なしで小顔作り』についてまとめてみました。

IMG_5478

出典 http://stock.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2013082337336

女性からすると、どの国でも同じなんだなと実感しました。
分かってはいるものの、なかなか実行できない人が多いのですが、

簡単なので、今日からぜひ実行してみましょう。

この本は芸能人やアナウンサーの間で有名になった
チョン・サンヒョ院長の顔引き締め秘法を公開しています。

本の内容を日本語でお伝えします。

習慣を変えよう

40を越えたら自分の顔に責任を持て、という言葉があります。
これまでの生き様が顔に表れると言っても過言ではありません。

性格や経験だけでなく、
“悪い習慣を持つ人は自分の顔に責任を持ちなさい”と言いたいといっております。

かたい食べ物が好きな人はあごが発達する。

スポンサーリンク

眉をしかめる習慣を持つ人は眉間に縦で深いシワができて
何もしていなくても、怒った印象の顔になる

コンピュータを長く使用する人は鎖骨角度が上がって首が短くなると
言われています。

あごに当てる習慣のためにしゃくれたアゴになったりもします。
人の顔は持って生まれたものであるが、習慣のために顔の形が変わることがあるとのこと。

姿勢を正す

猫背やまがった姿勢は二重あごの原因にもなります。
今から意識して姿勢を正すようにしましょう。

筋肉を使おう

筋肉は使えば使うほど暑くなる。
硬いものを食べて、あごの筋肉を鍛えようというものです。

広くなったあごを狭くさせるためなのです。

ここでは、あごの筋肉を鍛えることで、
手術なしで顔を変化させる原理を書いています。

小顔グッズなどの機械は必要なく、必要な物は「手」だそう。

小顔にするための3分マッサージ

手のひらをつかって、頬などの筋肉を軽くほぐします。
手のひらで頬を包み込み、軽くまわしてあげるだけで筋肉がほぐれます。

口をおきくあけて、「あ・い・う・え・お」と声を出しましょう。
とにかくあごの筋肉を鍛える習慣をつけることが小顔につながるとのことです。

スポンサーリンク


 - 美容