韓国人との遠距離恋愛で会う回数と連絡回数は?長く続ける秘訣はマメな連絡

   

スポンサーリンク

韓国人の彼氏がいる日本人女性。
韓国人の彼女がいる日本人男性も多いでしょう。

韓国と日本はお隣の国ですから、他の国の彼や彼女に比べると
まだまだ近いですが、それでも同じ国ではないのでお付き合いとなれば
遠距離恋愛になります。

同じ日本同士でも、東京と大阪あたりでも遠距離だと思うのに
韓国と日本であれば、相当な遠距離だと思うでしょう。

出会いは何であれ、韓国と日本で遠距離恋愛になってしまった場合、
長く続ける方法をまとめてみました。

会う回数とは?

韓国と日本で遠距離恋愛する場合、会う回数が気になりますね。
例えば、日本人の彼氏が韓国へ出張する機会が多く、そのたびに会える、
というのであれば話は別ですが、そのようなことでもない限り、
お互いに会う日を決めて会うことが多いでしょう。

今は、1泊2日ツアーなどもありますので、週末に行くことは
難しくはないでしょう。

問題は、お金です。

飛行機代だけでも、けっこうかかりますので、週末ごとに行くのは
やはり難しいですし、短い時間しか会えないのに、そこまで飛行機代を
使うのも・・・となると、やはり2ヵ月に1回会えればいいのではないでしょうか。

お互いに学生であれば、2ヵ月に1回も難しいでしょうし
社会人同士でも、仕事の関係で2ヵ月に1回会うことも難しいかもしれません。

それでも、2ヵ月に1回、長くても3ヵ月に1回は会いたいですね。

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始に会うとしても年に3回は
会えますから、そう考えると4ヵ月に1回という感じでしょうか。

お互いが負担にならないように会う日を決められるといいですね。

会えない間の愛のはぐぐみ方=連絡回数は?

スポンサーリンク

続いて、会えない期間の「愛のはぐぐみ方」ですが
これは連絡回数といえばいいでしょう。

連絡回数は、やはり毎日がいいですね。

遠く離れているので、連絡は基本毎日したいものです。
この連絡というのは、カカオトークやLINEで

おはよう」「おやすみ」という朝の挨拶と夜の挨拶という意味です。

今は、スマートフォンのアプリで無料通話ができるので電話代を
気にすることはなくなりましたが、お互いの時間の関係で電話ができな
日もあるでしょう。

それでも、2日に1回は声を聴きたいですね。
話す時間は、それほど長くなくてもやはり1日のたわいのない話などを
するようにしたいな、と私は思っています。

遠距離恋愛を長く続ける秘訣とは?

遠距離恋愛を長く続ける秘訣は「相手を信じる」これだけです。

連絡が来なくても相手を責めずに、今は忙しいんだな、と思えること。

連絡来たときは、必ず

連絡があってうれしい

ありがとう

という言葉を伝えること。

どうして連絡くれないの?
もう少し連絡がほしい

と伝えるのはよくありません。
相手が、連絡したくなるように伝えることが大切です。

会う日をいつも決める

まだ先の約束かもしれませんが、○○には会おうという約束をしておくと
次の約束まで、何をしようか、次はどこに行こうか、という話題になります。

遠距離恋愛はすぐに会えなくて、辛いこともありますが
相手を大切だと思うからこそ、遠距離恋愛でも続けたいと思っているわけです。

距離が離れると気持ちも離れてしまう、ということもあるかも
しれませんが、マメな連絡と会う回数などでカバーできるので大切な人と
ぜひ素敵な思い出を作ってください。

スポンサーリンク


 - ニュース