韓国語で「靴」は「구두」クドゥより「신발」シンバルと言うって本当?

スポンサーリンク

韓国語を勉強していると、日本語と発音が似ている単語って
本当多くておもしろいですよね。

とはいうものの、実際には、自然ではない韓国語になってしまったり
はたまた、違うもになってしまったりすることがあります。

ここでは、韓国語で「靴」は「구두」クドゥより「신발」シンバルを使うって

本当?
についてまとめてみました。

韓国語で「靴」は「구두」じゃないの?

韓国語の初級の教科書を見ると、「靴」は「구두」と書いてあります。
発音が近いので、覚えやすいです。

日本語では、運動靴も、ブーツも、長靴も、全部合わせて

「靴」というひとくくりになっていて、「靴屋さん」という言葉が
あるくらいですから、靴 といえば、靴の種類の中に
運動靴があり、ブーツがあるという感じです。

しかし韓国語では、日本の「靴」という言葉に値するのは
「신발」シンバルなんです。

この「신발」シンバルの種類の中に、運動靴もあり、ブーツもあって
また、「靴」くつ「구두」があるのです。

例えば、日本人ですと

今日、私は靴を買ったんだ~。とお話すると

どんな靴を買ったの? となり、運動靴を買ったよ。という
会話になっていきます。

韓国人に「私、今日、靴を買ったんだ」というと、
すでに種類の決まっているものなので、どんな靴を買ったの?
とは聞かれないのです。

韓国の「구두」靴とはどんなもの?

韓国でいう「구두」は、写真の通りです。
男性でいうと、会社で履くような靴です。

女性であれば、やはり会社で履くようなハイヒールの靴
のようなもので、韓国ではこれらを「구두」と言います。

韓国で「신발」シンバルってどんな靴?

スポンサーリンク

会社で履くような正装の革靴のようなもの以外の
靴を、すべて「신발」シンバルといいます。

紐があるタイプもそうですし、普段使いで履けるような
靴は、すべて「신발」シンバルと言います。

「신발」シンバル以外には、サンダル、ブーツとも言います。

「신발가게」ともいわれるくらいですので、「구두」より「신발」
をよく使います。

「신발」は、신다 履く という動詞に、 발 という単語の「足」
がくっついて、「履く足」と直訳されています。

これだと覚えやすいのではないでしょうか。

韓国での靴のサイズの表記は?

日本では、23cm 23.5cm など言われますが、
韓国では、230 235 と3桁で表します。

日本は、「cm」センチで表しますが、韓国では「mm」ミリで表します。
そのままなので、見やすいですね。

市場(シジャン)へ行くと、1000円くらいで買える可愛い靴が
たくさんあります。

私の経験では、数回履くとすぐに壊れてしまうものも多いです。
実際にワンシーズン履いたら終わりで、何年も履けるというものでは
ないですけど、安いのでつい買ってしまいます。

韓国で、可愛い靴をゲットしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク