雨の日の韓国旅行のおすすめスポットとは?ヨイドの63ビルディングやIFCモール

   

スポンサーリンク

韓国旅行といったら、ソウルの「明洞」あたりが有名ですが
汝矣島 (ヨイド)も有名な観光スポットの1つです。

韓国語の教科書にも、会話の中で日本人の汝矣島 (ヨイド)に行ってみたい
というフレーズが出てきます。

汝矣島 (ヨイド)のお勧めスポットについてまとめてみました。

汝矣島へのアクセス

汝矣島へのアクセスは地下鉄5号線と9号線の汝矣島駅、5号線の汝矣ナル駅、
国会議事堂駅のいずれかを利用しましょう。

63ビルディング

漢江の方角を目印にして、63ビルディングが見えます。

地下鉄5号線ヨイナル(汝矣ナル・Yeouinaru・527)駅4番出口から直進約900m、
右手にあります。徒歩約15分ほどです。

ソウル市 永登浦区(ヨンドゥンポグ)  汝矣島洞(ヨイドドン) 60

料金表

<63ART(展望台のみ)>
大人(満19歳以上): 13,000ウォン
青少年(満13~18歳): 12,000ウォン
子供(36ヵ月~満12歳): 11,000ウォン

<aquap lanet 63(水族館のみ)>
大人(満19歳以上): 25,000ウォン
青少年(満13~18歳): 23,000ウォン
子供(36ヵ月~満12歳): 21,000ウォン

スポンサーリンク

<63総合チケット(63ART展望台+aquap lanet 63水族館)>
大人(満19歳以上): 30,000ウォン
青少年(満13~18歳): 28,000ウォン
子供(36ヵ月~満12歳): 26,000ウォン

<63カップルチケット(63ART展望台2人+アメリカーノ2杯)>
2人で29,000ウォン

無料シャトルバスも運行中
63ビル近くの各地下鉄駅から、無料のシャトルバスが運行しています。

IFCモール(ソウル国際金融センター)

2012年に開業した複合施設です。
韓国で初めてオープンするホリスター、日本でも人気なH&MやZARA、
韓国OLに大人気ある8IGHT SECONDSなどがあります。

「IFCモール」はグローバルファッションブランドなどが充実したショッピングモールです。
映画館や大型書店、フードコートなども充実していて、一日かけていろいろ楽しめる
複合モールとなっています。

日本でいうと、「ららぽーとショッピングセンター」と似ている感じでしょうか。
ソウル市内中心部で、これだけ広いモールもなかなかめずらしいと言われています。

モール内ではフリーのWiFiサービスも利用できるので、雨が降ったときの
韓国旅行のお勧めスポットの1つです。

ショッピングを楽しむも良し、映画を楽しむも良し、明るく斬新なデザインの建物の雰囲気を楽しむも良しです。
まだ行ってないという方は、ぜひ一度「IFCモール」に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


 - ニュース