韓国ドラマが日本で人気な理由は?日本のドラマと韓国ドラマの違いとは?

   

スポンサーリンク

10年前までは日本で韓国ドラマがたくさん放送されていましたが
最近では、日本でも放送が少なくなってきました。

民間の放送は少なくなりましたが、韓国ドラマが好きな日本人は
たくさんいるので、韓国ドラマだけ見られる「M-net」やWOWOWなどでは
たくさん放送しています。

根強い人気が続いていますが、韓国ドラマが人気な理由とは?
また、日本のドラマと韓国ドラマの違いについてまとめてみました。

韓国ドラマが人気な理由は?

人気な理由は昔の昼ドラみたい

昼ドラは、現在放送はしていませんが、昔の昼ドラのようなものが
韓国ドラマになっているため、昔懐かしく見てしまう女性が多いです。

例えば、主人公の女の子は家が貧しいけど、勉強はできる、
性格が良いので、お金持ちの男性に好かれるが交際に反対されたり
結婚に反対されるようなお話

記憶喪失や交通事故が多いのも韓国ドラマの特徴。

最近は、このような「マクチャンドラマ 막장드라마」は少なくなって
いますが、韓国ドラマといえば、このような特徴があります。

自分が主人公になったような気分にさせてくれる

韓国ドラマは見ている人が主人公になってしまうような気分にさせて
くれるものが多いです。

優しい男性が現れて、愛情表現をしてくれて、素敵にエスコートしてくれて
見ているだけでも、自分が主人公になってしまったような感覚になります。

このような気分にさせてくれるのが韓国ドラマなのです。

現実とは離れた内容

スポンサーリンク

好きになった人が実は、生き別れた兄妹だったとか、
好きになった人が、死んだ婚約者を交通事故で死なせた人だったとか
それはもう、現実とはかけ離れたような話がいっぱいです。

ドラマを見ていると、話しがどんどん膨らんでいくので見るほうも
ハラハラしてしまい、次の話が気になってしまうというものです。

日本のドラマ VS 韓国ドラマ

放送

日本のドラマは基本的に1週間に1回放送ですが
韓国では、1週間に2回、2日連続して放送します。

月火ドラマ、水木ドラマ、と言われています。

放送回数

日本ドラマは3ヵ月クールで週1回なので、だいたい10回~多くても
11回ドラマになっています。

韓国では、短くて16話。
平均的には20話ですが、24話、28話もありますし
30分毎日放送のドラマですと、124話まである、なんていうことも
あります。

とにかく日本のドラマより長いです。

内容がじれったい

韓国ドラマは、とにかく長いので、生き別れたお母さんと会えるまでに
何話も何話も引き延ばしたりということもあります。

内容によっては、最終回までお母さんが生きていることを知らなかった
というドラマもあります。

見ている方は、まだかよ~なんて思ってしまうほど、じれったいことも
あります。

その点、日本のドラマは、アップテンポに内容が進んでいって、
最終回まで犯人が分からないということはあっても、お母さんに最終回
まで会えない、ということはなく、会ってからもまたいろいろな事件や
何かが起こっていく、というパターンが多いです。

最後に

文化の違いはあるものの、やはり韓国ドラマが人気の秘密には
現実味がない、ということがあげられるのではないでしょうか。

ドラマだけの世界と分かっていながら見るのですが、これがまたおもしろかったり
するのかもしれません。
スポンサーリンク


 - ドラマ