韓国のコンビニで袋に入れてもらいたい時の伝え方とは?ありがとうございますよりお疲れ様ですと言おう

   

スポンサーリンク

韓国では、スーパーだけでなくコンビニで何かを買ったときには
袋には入れてもらえず、1枚20ウォン(約2円)で購入します。

コンビニでジュースだけ買っても袋に入れてくれる日本に
慣れてしまうと、韓国では店員がお金を受け取って、品物は、
置いたまま、

ということにビックリしてしまうでしょう。

では、袋に入れてもらいたいときには何といったらいいかまとめてみました。

ポントゥへ タマジュセヨ 봉투에 담아주세요

봉투は、袋という意味です。
담다 という動詞を使って伝えます。
담다は、器などに入れる、盛る、という意味です。

ポントゥへ タマジュセヨ が一般的な伝え方です。
袋に入れてください、という意味です。

ポントゥ ピリョヘヨ  봉투 필요해요

袋が必要です。という意味です。

お店の人が、봉투 필요해요?と聞いてくれる場合もありますが
自分で言わないとほとんどは、袋が必要ないと思われてしまいます。

また、袋をくださいと伝えても、日本のように「1枚2円になります」
という説明はなく、自動的に計算されてしまいます。

袋に入れてもらった後は

スポンサーリンク

カムサハムニダ より スゴハセヨ

袋に入れてもらったら、ありがとうございます(カムサハムニダ)
といいたくなるのですが、ここでは、スゴハセヨ(お疲れ様です)
と言ってみましょう。

他の韓国人も、よくレジから離れるときに「スゴハセヨ」と
言っているのを見ます。

ありがとう ではなく、お疲れ様です。というほうが自然のようです。
もちろん、カムサハムニダでも良いですよ。

韓国のスーパーはレジの前で自分で袋に入れる

日本のスーパーは計算が終わると、品物が入ったカゴを
別の場所に持っていて、袋に入れます。

もしくは、袋に入れてくれるスーパーもありますよね。

一方、韓国では、店員がレジを打っているその目の前で
自分で袋にどんどん入れていきます。

韓国のコンビニでロト6も売っている

韓国のコンビニ全部ではありませんが、ロト6を
売っているコンビニがあります。

日本と同じで、6つの数字を選ぶのですが、
1つ、1000ウォン(約100円)です。

韓国に行ったときには、ぜひ購入してみてくださいね。

スポンサーリンク


 - ニュース