韓国でほくろの除去レーザー治療はいくら?ボトックスが6,000円?

   

スポンサーリンク

日本では、ほくろの除去は、皮膚科や美容外科で行っています。
美容外科であれば、もちろん保険はききません。

皮膚科でも、保険がきく場合もあるしきかない場合もあります。
私は、今回、韓国でほくろの除去をしてきました。

韓国での、美容整形と皮膚科の違い

日本とが違って、韓国ではボトックスや脱毛などは
皮膚科で受けます。

美容整形は、二重の手術や輪郭形成などを指し、ヒアルロン酸や
ボトックスなどの注入などは施術になるので、美容整形の部類ではなく
皮膚科になるのです。

それで、韓国の女性は皮膚科に通う感覚で、ボトックスなどを
カンタンに受けるのだと感じました。

ほくろ除去の値段は?

ほくろの除去は美容外科ではなく皮膚科で受けます。

韓国では、ほくろの除去は、保険がきかない
日本でも、美容外科であれば保険はきかないので、
けっこう高い金額になるでしょう。

大きさなどによっても値段はまちまちですが、韓国でも同じです。

ソウルから離れた田舎の方に行けば、ほくろも1つ300円~500円で
取れると聞いて、私も行こうと思ったのですが、ソウルだったので
意外と高くてビックリしました。

1000円~2000円です。

小さいほくろであれば、1000円。大きいものですと2000円
という感じです。

スポンサーリンク

こちらは診察をしてから先生とお話して価格が決まります。
日本でも、1つ5000円から20,000円くらいと言われていますから
韓国のほうが安いですね。

また、ボトックスも、6,000円と書いてありました。
レーザー脱毛も、全身で5~6万くらい。

日本とはケタが1つ違います。
やはり、美容大国ですね。

 

治療方法とその後の処置

麻酔はテープをして、15分くらい待ちました。
それから、処置室に呼ばれて行きましたが、2つのほくろを取るのに
たった2分くらいで終わりました。

あっという間です。

実は、その後の処置が大変です。

傷をかくすテープをもらって、こちらを貼ります。
水が入らないようにしなければなりません。

顔を洗うときも、テープを貼り、また化粧水をしてから
テープを貼りかえます。

数時間経つと、水が出てくるのが分かるので、水が出ていたら
テープを貼りかえます。

4日間くらいテープを貼り続けると傷が治ってくるのが分かります。
少しずつ傷が治ってきますので、皮膚再生クリームを塗ります。

こちらは、2,300円で購入(高い!)

何となく勧められて購入しましたが、特に買う必要はないかと思っています。

会社へ行くのに、テープを貼って行かないといけないので
少し悩みましたが、どうせお休みをもらって、韓国へ行ったので
韓国のお土産のお菓子も買ったし、韓国でほくろの除去をしました、
と言っておきました。

日本でやると、言いにくいですが韓国でやってきた、というと
何だか、みなさん興味深々に聞いてこられました。

ということで、現在、経過待ちではありますが、
私は、やってよかったと思っています。

スポンサーリンク


 - 美容