ソウルの南大門と東大門は偽物ブランドを売っている市場って本当?

スポンサーリンク

韓国には、ニセモノブランドが売っていると有名です。

しかし、デパートなどに売っているわけではなく
「市場」シジャンと呼ばれるところで売っています。

偽物ってどのくらいのものなのか?

またいくらで売っているのか?

をまとめてみました。

韓国語で「偽物ニセモノ」って何ていう?

韓国語で「にせもの」は「カッチャ 가짜」と
表現しますが、このようなまがい品の場合は

짝통

チャクトン

と表現します。

日本語でいうと、「ぱっちもん」みたいな意味ですかね?

ブランドにもランクがある

市場へ行くと、たくさんのブランド物が置いてあります。

ただ全部偽物です。

流暢な日本語で

「お姉さん~」と言ってきますが買いたいのであれば
どのくらい安くしてくれるか聞いてみてもいいでしょう。

競争が激しいので、少し安くしてくることが多いです。

ブランドは、シャネルからイブサンローラン、クリスチャンディオール
コーチとたくさん売っております。

道の外に出ているのは、完全に似せもので
コーチですが、コーチの「C」のマークではありません。

コーチもどきです。

ですので、こちらのポーチはに日本円で200円でした。

店の奥へ行くと、店員さんがスーツケースの中にしまっている
偽物だけど、本物そっくりな財布やポーチを出してくれます。

こちらは、ヴィトンで1万5000円でした。

見るだけでは、本当に本物か分からないです。
鑑定士しか分からないでしょう。

偽物は違法なので売り方がある

スポンサーリンク

実は、この写真のシャネルのポーチですが、ニセモノなので
買う前は、Cのマークが「〇」になっております。

購入するときに、店員が〇から少し切り込みを入れて
Cのマークにし、シャネル風にするというわけです。

こちらは、イブサンローランも同じです。

見た目には分からないのですが、私は使いたくないので
今は、高校生の娘が使用しております(笑)

偽物でも持ちたいと思う韓国人

日本人は、ニセモノであれば持ちたくないと思う人が多く
にせものを持つのであれば、ノーブランドがいい!と
思うものですが、韓国人は偽物でもパッと見た感じは分からないので
持っていたい!と思うようです。

やはり、日本人と韓国人の違いでしょうか。

韓国の方は、外見や持ってるものなどをとても気にするので
安いものだけど高級に見えるものと探します。

日本人も、人によりますが本物を持ちたい!と思う方が多いのでは
ないかと思います。

いかにも・・・というルイヴィトンが安っぽく見えてしまうのは
このせいかもしれません。

偽物が多く出回っていると本物を持っていても、ニセモノっぽく
見えてしまうので少々残念です。

スポンサーリンク