韓国語には男性用と女性用の言葉がないの?男性が使う韓国語と女性が使う韓国語とは?

スポンサーリンク

日本語には、男性が使う言葉、女性が使う言葉がありますね。

例えば「自分」をさすときも

男性は、

僕、俺

ですが、女性は、私、わたし、

などがあります。

他にも、

そうじゃないだろ!(男)

そうじゃないでしょ!(女)

こんな感じで、多少なりとも男性用、女性用がありますが
韓国語にはないのでは?

と思っていた私ですが、実は多少なりともあるようなので記事にしてみました。

自分のことを指すのは男女兼用

さきほどの日本語で説明しましたが、

男性は、僕、俺、女性は、私、わたし、
などがありますが、韓国語では男性用、女性用はありません。

わたし   나  ナ

わたしくし 저   チョ

という形で、丁寧に話す言葉はありますが、これは
男性も女性も同じで使われます。

では男性用の言葉とは?

韓国語は、男性も女性も一緒じゃないか!と思った方も
多いと思いますが、若干ニュアンスが違うときがあります。

ドラマを見ていて思ったシチュエーションを紹介します。

例えば、

もう行くね・・・

と言うとき

男性用の言葉であれば

간다  カンダ
行くね

ということが多く、女性は

갈게  カルケ
行くね

ということがあります。

女性が、간다 カンダ~ということもありますが、
男性同士で使うことが多いように思います。

~して! とお願いするときの男女差

スポンサーリンク

例えば、付き合っている男女で、

電話して~

とお願いするときなども

男性の場合

전화해  チョナヘ  電話して

전화해주라  チョナヘジュラ 電話してくれ

電話してくれよな・・・のようなニュアンスです。
もちろん女性でも使いますが、男性が多いような気がします。

전화해라 チョナヘラ  電話しろ (ちょっと命令的?)

해라~は、~しろ という命令的な言い方なので
人によっては、気分を悪くさせてしまうことがあります。

女性の場合

전화해  チョナヘ~  電話して

は同じですが、

전화해줘 電話してちょうだい

チョナヘジョ~

ということが多いです。

女性だけが使う言葉には?

韓国語でも、女性だけが使う言葉があります。

어머나  オモナ

어머  オモ

で、あら、あらまぁ という意味があります。
これは、何かビックリしたときに使うことが多いのですが
男性よりも、女性が多く使っている言葉です。

캿  キャッ

キャッは、日本語でもありますが、男性よりも女性がよく
使っているようです。

最後に

韓国語には、男性用、女性用のような言葉はないので、
男性が多く使う言葉、女性が多く使う言葉でまとめてみました。

もちろん、男性が多く使う言葉の中には女性が使っているシーンも
みられますし、実際に使っていることもありますので、
必ずしも、男性だけが使う、女性だけが使う、という言葉ではないことを
理解していただければと思います。

スポンサーリンク