2016年大阪に韓国人観光客が多い理由とは?東京より大阪が人気?

   

スポンサーリンク

韓国人観光客が多く訪れると言えば、東京というイメージなのですが
2016年はなぜか大阪を訪れる観光客が多いとのこと。

大阪が人気の理由をまとめてみました。

0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_s

2016年韓国人の人気の観光地

ネット通販のGマーケットによると

韓国人、男性は、1位バンコク、2位 上海 3位 東京 4位に大阪と
なっています。

女性は1位に大阪、2位に香港、3位に東京 4位に福岡です。

成田や羽田に比べて、関空のアジア便の割合が大きいからという理由が
あげられます。

韓国から近く、飛行機代も安い

東京へ行くよりも、韓国から大阪へいくほうが時間的にも若干早く
着くことができます。

大阪から仁川まで

関西国際空港⇔仁川国際空港間は、 大韓航空(日本航空とコードシェア)、
アシアナ航空(全日空とコードシェア)格安航空会社のティーウェイ航空、
ジンエアー、チェジュ(済州)航空、イースター航空、ピーチ・アビエーション
の合計7社が直行便を運航しています。

大阪(関西国際空港)からソウル(仁川&金浦)までのフライト所要時間は、
往路が1時間50分~2時間、復路は1時間35分くらいです。

東京の羽田や成田から仁川へいくより、30分ほど早く着きます。

大阪 – 釜山(プサン)まで

スポンサーリンク

関西国際空港⇔金海国際空港(釜山)間は、大韓航空(日本航空とコードシェア)
格安航空会社のエアプサン、チェジュ(済州)航空、イースター航空、ジンエアー、
そしてピーチ・アビエーションが直行便を運航しています。

関西国際空港から釜山の金海国際空港までのフライト所要時間は、
往路が1時間25分~35分、復路は1時間20分~25分が目安です。

大阪 – 大邱(テグ)まで

関西国際空港⇔大邱(テグ)国際空港間は、韓国の格安航空会社のティーウェイ航空が
直行便をデイリーで運航しています。

大阪の関西国際空港から大邱(テグ)国際空港までのフライト所要時間は、
往路が1時間30分、復路は1時間10分が目安です。

韓国から東京までいくのは大変

韓国から東京まで行くとすると、仁川空港や金浦空港まで行かなければなりません。

テグ、プサンに住んでいる韓国人は、テグから金浦空港や仁川空港まで行くのに
4時間~5時間かかるため、近くの空港から行ける大阪を選びやすいのかもしれません。

反対に、日本人である私たちが、東京の羽田からプサンに行きたいと思っても
直行便は出ていないため、1度、ソウルの金浦や仁川へ行き、KTXなどで
プサンまで行く必要があります。

やはり直行便が出ているということは大きな理由になっているようです。

違う観光地にも行ってみたい

日本人の私たちが、韓国に行くとすればまずは首都であるソウルに行くのと
同じように、多くの韓国人も1度は東京を訪れたことがある人は多いでしょう。

1度行ったから、次は日本では大阪に行きたい!と思うのと同じように、
私たち日本人も、ソウルへ1度行ったら、次はプサンやテグに行ってみたいなと
思う感覚なのでしょう。

東京の次は、大阪ということで、大阪の観光地へ多くの人が行くのかもしれません。

スポンサーリンク


 - ニュース