韓国「君の名は」の影響で結び(むすび)が1月の流行語に

      2017/01/27

スポンサーリンク

2016年日本で人気のあった映画「君の名は
2017年1月でも韓国で公開されました。

公開されてからわずか1週間で公開映画 1位となりました。

最近、ブログやニュース、掲示板などで「君の名は」で
よく聞くセリフが話題になっています。

出典 http://www.naver.com

話題となっているセリフとは?

それは、「 結び(むすび)」というセリフです。
みつはが、おばあちゃんをおんぶして、よつはを連れて
ある場所に行くシーンがあります。

そこで、おばあちゃんがこんなことを2人に話します。

土地の氏神様を「むすび」という
この言葉には深い意味がある

糸をつなげることも結び
人をつなげることも結び

時間が流れることも結び
神様が作るものだと言っています。

食べるものや飲み物が体に入ることも結びと言っています。

韓国でも、そのまま翻訳されているので、
すべて起こることは、「むすび」という意味で取られているようです。

韓国のお友達から、
すべて起こることは、「結び」っていうんでしょう?

と聞かれたのですが、何というかちょっと違うような気もしている
私ですが、この映画では起こることは「結び」と言われてるので
そう思ったのかもしれません。

日本でも、起こることは「必然」と言われているように
韓国では、それを「結び」と解釈しているように私は感じました。

今、ここにこうしていることも「結び」

ということは、起こることは「必然」という意味と似ているように
感じました。

もう1つの流行語は?

スポンサーリンク

「名前は?」 

このセリフが今月の流行語になっているようです。

日本語ができない韓国人のお友達と毎週、スカイプやLINEで話し
するのですが、

私が電話を受けるやいなや

「名前は?」 

と日本語で言われたので、名前で返事をしたら日本語が通じたと
喜んでいました。

今、韓国で流行っている言葉だと言っていました。
映画「君の名は」の影響ですね。

韓国での映画の感想は?

公開してからしばらくは、あまり良い感想を見かけなかったのですが
最近は、NAVERでも、個人的にブログを書いている人をたくさんみかける
ようになりました。

こんな感想を見かけます。

やっぱり日本のアニメーションは最高だ

ゲームは韓国が一番だが、アニメはやっぱり日本が1番だ

感動的な結末、やっぱり日本だ

他の日本で流行っているアニメも見たくなった

ハウルの城、時をかける少女 も見てみたくなった

という感想を見かけました。
韓国で、このようなコメントを見ると私も嬉しくなります。

韓国でも「君の名は」ヒットしているようです。

スポンサーリンク


 - ニュース