韓国ドラマ「天使の罠」テミがギジンに呼びかける「変態男」「タンクジ」とは?

   

スポンサーリンク

2014年にヒットした韓国ドラマ「天使の罠」

今、Gyaoで無料放送しており、楽しく見ています。

その中で、ドラマの70話くらいから、テジョンの妹のテミが
ソニュの従弟のギジンと出会うシーンがあり

テミがギジンを「変態男」と呼んでいます。
韓国語では、「タンクジ」と聞こえるのですが、実際には
どんな意味なのか、韓国ではどのような時に使われるのか調べてみました。

タンクジとは?

韓国語では、タンクジ「땅그지」と書きます。

もともとは、땅⇒ 土地 그지⇒ クジ は 거지⇒こじき のような
意味であり、外の道に落ちた食べ物をひろってしまうこじき

のような意味で、友達同士で冗談を言い合いながら使う言葉です。

ドラマでは、「変態男」と訳されていますが、

実際の変態男を韓国語で訳すと

변태 ⇒ 変態 미친놈⇒ 狂ったヤツ

のようになってしまい、本当に怒らせてしまう悪口になってしまいます。

タンクジは、実際に喧嘩するときに使う言葉ではなく
少し愛嬌がある、まぁ、気分が悪くなるような言葉ではないとのことを
韓国人から聞きました。

ギジンがテミに言う「トッコチ」とは?

スポンサーリンク

ギジンがテミに向かって、「トッコチ」と言っているのを聞き
韓国人に聞いたところ、

꽃거지 ではないか?

とのことでした。

ギジンが言うセリフは、どうしても「トッコチ」と聞こえてしまうのですが
実際には、「꽃거지」なんだそうです。

こちらも、거지⇒こじき については似たような言葉で
ただ、꽃⇒ 花 がついているので、こじきとは言っても「花」があるので
お花のようなこじき? のような意味でしょう。

こちらも、憎しみがこもった悪口ではないと聞きました。

主人公ソニュがジヒへ「アガシ」

もともと、「アガシ」という言葉は、お嬢様という意味ですが
結婚して、夫の妹には「アガシ」という言葉で話をしています。

妻が夫の妹(未婚)の場合を「アガシ」というのですが、
このドラマでは、結婚している妹へ「アガシ」と言っているので
少し疑問に思っております。

また、ジヒもソニュに対して、家族の前では「オンニ」と呼んでいます。

本当でしたら、「オルケ 올케」と呼ばなくてはいけないのですが
なぜか、このドラマでは不思議なことが多いです。

スポンサーリンク


 - 韓国語