韓国では会社からの交通費がないって本当?アルバイトの時給も全国一律って本当?

スポンサーリンク

今日は韓国の会社やアルバイトについてまとめてみました。

韓国は会社からの交通費がないって本当?

日本では会社に就職すると交通費は会社が負担してくれます。

会社によって月3万円までは負担などの規定はありますが、
どんなに遠くから通っていても交通費を負担してくれますよね。

また正社員でなくても、アルバイトでも交通費を会社が負担してくれます。

しかし、韓国では交通費の負担はありません。

ですから、自分の給料から交通費の負担をしなければならないのです。

仕事を探すときはどうするの?

韓国は、地下鉄などの電車賃が安いので定期代にしても、
日本ほどたくさんはかからないですが、それでも自分の給料から
負担することには変わりません。

仕事を探すときは、交通費を考えて家からどのくらいで通えるか
また、職場が遠いときは職場の近くに引っ越しをしたりすることが多いようです。

日本のように、交通費を負担してくるわけではないので
なるべく多くの給料をもらうために、家から近い場所を探すか
引っ越す場合が多いようです。

また、駅から会社まで無料バスを運行している会社もあるようです。

ソウルではない場所ですと、マイカー通勤が大丈夫な会社も多く
けっこうな割合で車通勤もいます。

韓国では単身赴任も多い

スポンサーリンク

韓国では、結婚して子供が生まれると教育費がかかるため
キロギアッパ(お父さんだけが別の場所で働く)が増えています。

例えば、お父さんは韓国で仕事し、子供を海外に留学させるため
お母さんと子供が一緒に海外に行く場合もあれば

田舎に住んでいる場合、お父さんがソウルに仕事をしに行くが
子供とお母さんは家に残って住む、というような形です。

韓国では、ほとんどの人口がソウルに集まっているため
仕事をするためにソウルに出てくる人も多いです。

子供のために働くお父さんだけソウルで仕事をする、ということも
よくあることなのです。

韓国のアルバイトの時給って全国一律なの?

日本では、最低賃金が地域によって違います。
2018年で、東京が985円 沖縄は、762円です。

しかし韓国では、ソウルでも釜山でも、大邱でもみんな一律の金額なのです。

ソウルのほうが物価が高いのに・・・

と思うのですが。

また、日本で良いところは、アルバイトでも土日は時給が
50円アップしたりしますが、韓国ではアルバイトの時給が
土日で変わるとかありません。

韓国人からすると、日本の良いところは忙しい週末に
時給が変わるところだと言っていました。

日本では、アルバイトしている高校生も多いですが、韓国では
高校生では、ほとんどがアルバイトできる場所がありません。

高校生までは、アルバイトせずに勉強に励む、
大学受験をする、という考えなので、アルバイトしている
高校生は、家庭事情が大変という印象なんだそうです。

いかがでしたか。

スポンサーリンク