2020年は第4次韓流ブーム?1次~4次までの韓流ブーム歴史とは?

スポンサーリンク

2020年、日韓関係が良くないと言われている中、
第4次韓流ブームと言われています。

ずっと韓流ブームなんだけど?

と思う人もいれば、第3次ブームじゃないの?

と思う人もいるでしょう。

韓国のNAVERでも、第4次韓流ブームとニュースになっています。それでは、1次~4次のブームを振り返ってみましょう。

出典:http://naver.com

第1次韓流ブーム 2003年冬のソナタ

これは、もうみなさん、ご存じでしょう。
2003年にNHKで放送された「冬のソナタ」のドラマが
大人気になり、一気に韓流ブームとなりました。

これ以前に、2002年に日韓ワールドカップ、
深キョンとウォンビンのドラマ「フレンズ」などの
放送もありましたから、それを1次ブームという方も
いるかと思います。

しかし実際には、冬のソナタから、ペ・ヨンジュンが
人気になり、当時の50代、60代のおば様が「ヨン様」に
熱をあげ、韓国語を勉強する女性たちが増えたのも事実です。

私は、この冬のソナタを1次韓流ブームだと思っております。

第2次韓流ブーム 2009年~2010年 K-pop 少女時代、KARA

第2次韓流ブームは、やはりK-popでしょう。
東方神起、BIGBANG 少女時代、 KARAなどが日本で
活動するようになり、日本の紅白歌番組に出場することになった
ことで、韓国に興味を持つ当時の10代~40代の、年代を問わず
ブームになりました。

当時、東方神起に熱をあげる40代の女性も多くいました。
この時期を第2次韓流ブームだといえるでしょう。

第3次韓流ブーム 2016年~2018年 化粧品とアイドル

スポンサーリンク

EXCO  防弾少年団、などの若い男性アイドルグループが
たくさんデビューし、10代の中高生の女子たちからの人気を集めました。

また、化粧品もたくさんの種類が発売されて、東京の新大久保では
いつも中高生でいっぱいになりました。

チーズタッカルビやホットグなど、韓国の食べ物も人気で
10代の女子高生、20代の大学生が留学や卒業旅行で韓国にいくことが
多く、この時期を第3次韓流ブームと言えるでしょう。

2020年、第4次韓流ブームとは?

2020年、第4次韓流ブームとは、何かというと、韓国ドラマです。
新型コロナでステイホーム、自粛要請の時期に、韓国ドラマを見る
人達が多く、その中で再び、韓国ドラマブームに火がついたのです。

今年流行した、「愛の不時着」「梨泰院クラス」が人気を集め
韓国ドラマが面白いと、U-NEXTなどに加入して、見ている人が多くいます。

韓国は好きではないけど、韓国ドラマはおもしろい、という人が多く
今は韓国旅行に行けないけど、コロナが落ち着いたら韓国旅行に
行きたいと思っている方も多いようです。

韓国のNAVERでも、今年は第4次韓流ブームと言われているようです。

最後に

今は、ブーム、流行りというよりは、趣味の1つのように
「韓国が好き」「韓国ドラマが好き」というような形になっていますね。

スポンサーリンク